Home > 夏フェス関連 | カメラ > 一眼レフカメラをフジロックへ持って行く方法

一眼レフカメラをフジロックへ持って行く方法

自分は毎年フジロックに一眼レフを持っていって、その写真でフジロックの感想ブログを書いたりしているのですが、そもそもフジロックに一眼レフ持っていくのってどうなの?という意見もあるみたいなので、フェスに一眼レフを持って行くときの心構えや準備について、自分なりの意見を書いてみたいと思います。



持ってくなら覚悟が必要


フジロックのような野外フェスに一眼レフを持って行くのは以下のような理由でけっこう大変です。

一眼レフは重い

自分が使っているのはSonyのα77 MarkIIなのですが、レンズを含めて1kgを超えます。フェスの会場を歩き回るときはできるだけ軽い装備にしたいところなのでカメラの重さはけっこうな負担になります。

ただ、自分は単純にカメラ好きなので全然苦にはなりませんでした。結局のところカメラ好きかどうかで重さが気になるかどうか分かれるポイントなのかもしれません。

雨対策が必要

雨が多いフジロックではカメラの雨対策が必須になってきます。最近では防塵・防滴の一眼レフカメラが増えてきましたが、そうでないボディとレンズの場合は、レンズ内部にカビが発生したり、故障の原因になりますので特に注意が必要です。

というわけでカメラの雨対策を以下で紹介したいと思います。


DSC05234



一眼レフの雨対策


1.防塵・防滴のカメラにする

PENTAX デジタル一眼レフ K-70 DA18-135mmWRレンズキット 【ブラック】 K-70 18-135WR KIT BLACK 16258
雨対策で一番手っ取り早いのが防塵・防滴のカメラにすることです。小雨程度の雨であれば全然問題ありませんので、いちいちカメラが雨に濡れることに対して神経をすり減らす必要がありません。

少し前までは高価なカメラにしかついていなかった防塵・防滴機能ですが、最近では比較的安いランクのカメラでも防塵・防滴機能がついていますのでぜひチェックしてみてください。特に安い値段ながら強力な防塵・防滴性能を備えているPENTAX K-70はコスパ最強です。





2.雨が降ってきたらジップロックへ

自分は防塵・防滴の一眼レフを使用しているのですが、雨が強くなってきたときはジップロックに入れてリュックにしまいます。

ジップロックに入れてしまえば雨を完全に防いでくれるのでオススメです。何より安く買えて簡単に雨対策できるのが最高です。

ジップロックはカメラ意外にも濡らしたくないスマホや代えの着替えを入れたりもできるので、色々と便利なアイテムです。




3.雨が降ってきたら防水インナーバッグへ

ジップロックだとちょっと不安だという方には防水インナーバッグを使うという手もあります。

カメラ本体やレンズを雨から守る用に作られている防水インナーバックであり、極めて防水性能の高い構造になっていますのでカメラをこれに入れておくだけで水を完全にシャットアウトしてくれます。

カメラ専用のものではなくても、登山用のインナーバッグでもOKです。




4.乾燥剤も有効活用しよう

上記で雨が降ってきたらジップロックや防水インナーバッグにカメラを入れて雨から守る方法を紹介しましたしが、ちょっと雨に濡れた状態でしまうと湿度が気になります。

そういう場合は乾燥剤も一緒に入れることをオススメします。少しカメラに水滴などが付いた状態でしまっても、強力に水分を吸収してくれます。




5.防水仕様のリュックを使う

雨が降ってきたら防水仕様のリュックにカメラを入れて雨を防ぐ方法もあります。アウトドア系のリュックですと防水になっているのも多いのでぜひ探してみてください。

写真は防水リュックのBEAMS ARC’TERYX / ARRO 22です。タウンユースでも使えそうなオシャレさですが止水ジッパー付きで雨に強いリュックです。




6.リュック用レインカバーを使う

防水のリュックでない方にはリュック用レインカバーを使用するという方法もあります。

リュックをすっぽりと覆い、雨を完全にシャットアウトしてくれます。




7.カメラ用防水ケースを使う

雨が降ってきたらいちいちリュックにしまうのが面倒くさいという人にはカメラ用防水ケースを使うという手段もあります。

水中撮影もできるレベルの防水ケースであれば雨を気にする必要は全くありません。かなり見た目がごっつくなり、使い勝手も悪くなりそうなので自分は使おうとは思わないですが・・。




まとめ


色々と雨対策を紹介してきましたが、自分は防水インナーバッグと乾燥剤を使う方法で毎年乗り切っています。

以前は防滴・防塵機能のない普通の一眼レフを持ってフジロックに行っていましたが、雨が降ってきたらカメラを乾燥剤入りのインナーバッグに入れてリュックにしまうだけで何も問題ありませんでした。



タフネスコンデジを買うという方法も

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-4 Tough ブラック 1600万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-4 BLK

結局のところ一眼レフをフジロックに持っていくには、雨対策がどうしても必要になってしまいます。ですので、オリンパスのTG-4のような完全防水のコンデジを使うのもアリかもしれません。

水深15メートルでもへっちゃらな防水性能があり、さらに耐落下衝撃性能や耐寒性能も備えているのでアウトドアにはもってこいです。

最近のコンデジは画質も普通に綺麗なので画質もまったく問題ありません。

自分は買ってもフジロックぐらいでしか使わなさそうなので購入をためらっているのですが、フジロックに持って行くならコンパクトで防水性能付きのカメラほうが正解だと思います・・。




コメント:0

Remember personal info

Home > 夏フェス関連 | カメラ > 一眼レフカメラをフジロックへ持って行く方法

検索
フィード
メタ情報

Return to page top