Home > アウトドア > 戦場ヶ原ハイキングコースを歩いてきた

戦場ヶ原ハイキングコースを歩いてきた

せっかくのシルバーウィークということで栃木県の日光にある戦場ヶ原ハイキングコースへ車で行ってきました。

このハイキングコースはほとんど高低差もなく、木道などで道も整備されており、だれでものんびりハイキングすることが可能です。以下、その時のルート詳細や写真をご紹介します。



今回のルート


竜頭の滝(駐車場)
石楠花橋
戦場ヶ原
泉宿池
湯滝
湯ノ湖
日光湯元ビジターセンター

湯元温泉竜頭の滝(駐車場)

東武バス日光 約20分(570円)


歩行距離:約7.6km
歩行時間:約4時間(休憩時間込み)



今回は東武鉄道のホームページに掲載されている、ハイキングコースを参考にしています。

戦場ヶ原ハイキングコースマップ(PDF有り)


竜頭の滝


IF

今回のスタート地点は竜頭の滝にある駐車場です。ここに車を止めて出発です。

IF

駐車場の入り口のすぐそばにある遊歩道の入り口から入っていきます。

IF

道がコンクリートで舗装されており、左手には竜頭の滝を真近に見ることができます。

IF

ちょっとシャッタースピードを落として滝を撮影してみました。

IF

この日は9月下旬でしたが、紅葉が始まっているようでした。

IF

ハイキングコースは川沿いを歩いていくコースになっており、渓流の綺麗な景色をたくさん見ることができます。

IF

さらに歩いていくとなにやら門が見えてきました。特に鍵が掛けられているわけではないので普通に通過します。門にはクマへの注意書きがありました。この辺は熊の生息域でもあるようですので、熊よけの鈴があるといいかもしれません。

IF

IF

IF

IF

石楠花橋


IF

しばらくすると、石楠花橋(しゃくなげばし)が見えてきます。

IF

石楠花橋から観た景色がこちら。透明度の高い川とうっそうと茂る木々が綺麗です。

IF

石楠花橋を抜けると木道が整備されており、歩きやすい道が続きます。

IF

左手には川が。右手には戦場ヶ原が見える贅沢な木道をのんびり歩いていきます。


戦場ヶ原


IF

戦場ヶ原のパノラマ写真です。この日はあいにくの曇りでしたが、戦場ヶ原や男体山の雄大さを十分に楽しむ事ができました。

IF

IF

IF

ハイキングコースの途中に野鳥の案内図がありました。オオルリやコマドリなどめずらしい野鳥がたくさんいるようです。

IF

野鳥の案内図付近でミソサザイに出会うことができました。広角レンズをつけていたので、うまく撮影できなかったのが残念でした。

ハイキングコースを歩いていると、このミソサザイの「ジジッ」という鳴き声を何度も聞きましたが、姿を見ることができたのはこの瞬間だけでした。なかなか姿を見せてくれない鳥のようです。

IF

途中で見つけたキノコらしきもの。たぶんキノコだとは思いますが、キノコらしからぬ綺麗さです。




泉宿池


IF

戦場ヶ原を抜けると泉宿池(いずみやどいけ)が見えてきます。

IF

湧き水がわいているのかものすごい透明度です。また、綺麗な水草が生い茂っていました。

IF

泉宿池の前は多くのベンチが設置されており、多くの方がここで昼食をたるなどして休んでいました。また、この日は小学生の団体さんが来ており、ものすごい賑わいでした。木道で小学生たちとすれ違うと、挨拶の嵐の洗礼をうけることになります。小学生は元気です。

IF

泉宿池を抜けたあとは湯川沿いの道を歩いていきます。かなり鬱蒼としており、原始林に迷い込んだかのようです。

IF

IF

また、湯川の中では多くの釣り人がフライフィッシングで釣りをしていました。この辺ではカワマス、ニジマス、ヒメマス、ホンマスなどが釣れるようです。

IF

川の中を覗くときれいな水草を見ることができます。これはカナダモでしょうか?

IF

ヒガラを見ることができました。ヒガラはシジュウカラに似た鳥ですが、シジュウカラと違ってお腹に黒いラインがないので、お腹を見れば見分ける事ができます。

IF

ヒガラは「ツピーツピー」と可愛らしい声で鳴く鳥なのですが、ハイキングコースを歩いている間にはその鳴き声を何度も聞きました。多く生息しているようです。


湯滝


IF

ハイキングコースをさらに進んでいくと、湯滝に到着します。

湯滝は高さ70m、長さ110mの大変大きな滝で、素晴らしい迫力です。この地点は駐車場もあり、車で乗り入れることができるので、多くの観光客でにぎわっていました。

IF

湯滝の前には「湯滝レストハウス」というものがあり、休憩やお食事に便利です。自分もここで休憩しました。大きな滝の近くで、のんびり休憩できるのは贅沢でした。

IF

滝のすぐ横には湯の湖へ向かう道の入り口があります。実はこのハイキングコースの中で一番高低差のあるポイントです。ひたすら階段を登っていきます。


湯の湖


IF

急な階段を上りきると湯の湖へ到着します。ここでも多くの釣り人が釣りを楽しんでいました。

IF

湯の湖の周りの歩道をのんびり2kmほど歩いていきます。

IF

しばらくすると日光湯元ビジターセンターへの距離を示す看板が見えてきます。ゴールはもう少しです。

IF


日光湯元ビジターセンター


IF

今回のゴール地点である日光湯元ビジターセンターにようやく到着しました。ビジターセンターでは周辺に生息する動物や植物の展示や解説があったり、ちょっとしたお土産コーナーもありました。

IF

ゴール地点である日光湯元は温泉旅館が立ち並ぶ温泉街でもあります。当然ながら、日帰り入浴できる宿もありますので、今回は奥日光高原ホテルにお邪魔して日帰り入浴させてもらいました。

800円で入浴でき、貸しタオルなどもあります。この日は他のお客さんがほとんどおらす、ほぼ貸切状態でした。温泉は硫黄の臭いのするにごり湯でした。トレッキング後の温泉は最高です。

IF

入浴後、スタート地点の駐車場にバスで戻ります。時刻表は上の写真の通り。1時間に2本程度運行しています。





コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > 戦場ヶ原ハイキングコースを歩いてきた

検索
フィード
メタ情報

Return to page top