Home > 夏フェス関連 | ライブレポート > フジロックフェスティバル2016に行ってきた感想など

フジロックフェスティバル2016に行ってきた感想など

今年もこりもせずにフジロックへ行ってきたました。今年は3日目にちょっとだけ雨が降っただけで天気にたいへん恵まれ、全く雨の降らなかった伝説の2012年の再来といった感じでした。

というわけで、そんな過ごしやすかった今年のフジロックの感想を適当に書いていこうと思います。



2016.07.21 前夜祭



DSC00805

前夜祭では毎年自分のお目当てのバンドがサプライズ出演してくれていたので、今年のラインナップも楽しみにしていたのですが特に興味のあるバンドはおらず、ちょっと残念な結果に。前夜祭は少しだけ楽しんでそそくさとキャンプサイトに戻りました。

キャンプサイトに戻ってからは苗場温泉でまったり。フジロックに来るようになってからは毎年、前夜祭の日に苗場温泉に入るのがお決まりになってます。前夜祭の日は人が少なく、全然混雑してないのでオススメです。



2015.07.22 1日目



DSC00969


DSC01043

BIFFY CLYRO

今年のフジロックで一番最初に観たのがビッフィ・クライロでした。過去のフジロックではホワイトのトリも務め、イギリスではスタジアム級の人気を誇る彼らを、お昼の時間帯に観れてしまうのは凄いことですがどこか複雑な心境です。

ライブではメンバーがみな相変わらず上半身裸でアクティブにステージを駆け回ってました。特に今年の夏に発売されたアルバム「エリプシス」からの楽曲”Wolves of Winter”と”Animal Style”がいい味を出してました。特に”Wolves of Winter”は個人的にも大のお気に入りだったのでそれを1曲目から披露してくれて最高でした。ライブの中盤からはモッシュで存分に暴れさせて頂きました。

以下、セットリスト
1. Wolves of Winter
2. Living Is a Problem Because Everything Dies
3. Biblical
4. Friends and Enemies
5. Black Chandelier
6. Bubbles
7. In the Name of the Wee Man
8. Medicine
9. The Captain
10. Mountains
11. 9/15ths
12. Animal Style
13. Many of Horror
14. Stingin’ Belle


DSC01121



LÅPSLEY

ネクスト・アデルとも言われているようですが、実際に観てみると声、雰囲気、ぽっちゃり具合が本当にアデルでした。アデルに似てようが、似てなかろうが、彼女のは力強くも透き通った歌声は、生で聴くと迫力も増して素晴らしかったです。特にラストの”Hurt Me”は悶絶ものでした。そして、あの歌唱力と落ち着きで19歳という事実にも驚きです。



JAKE BUGG

ジェイク・バグを初めて観たのは2013年のサマーソニックでした。その時は若いのに既にロック界の重鎮のような貫禄を出していて驚いたものでしたが、今年の彼はさらに成長を遂げ、その渋いかっこよさにさらに磨きがかかっていました。

グリーンステージの芝生に座ってビールを飲みながらのんびり観ていたのですが、彼のアコースティックな感じがフジロックの雰囲気に絶妙にマッチしていました。毎年のことながらフジロックで飲むハイネケンはクソ旨いです。

一番好きな曲”Broken”をやってくれなかったのはちょと残念でした。

以下、セットリスト

1. Slumville Sunrise
2. Two Fingers
3. Messed Up Kids
4. Love, Hope and Misery
5. Livin’ Up Country
6. Trouble Town
7. Seen It All
8. The Love We’re Hoping For
9. Bitter Salt
10. Me and You
11. There’s a Beast and We All Feed It
12. Put Out The Fire
13. Taste It
14. Kingpin
15. Simple Pleasures
16. Gimme the Love
17. Lightning Bolt


DSC01156



THE INTERNET

ジ・インターネットは生で聞いてみてようやく良さが分かったような気がします。フジロック前にもけっこう好きだったんですが、実際のライブであの何度も心地いい瞬間が訪れる感覚を味わってからは益々好きになってフジロックから帰った後に何度も聞き返すようになりました。派手さはないものの、ボーカルの声は最高にクールですし、緻密に練られたリズム構成は聞けば聞くほど心地良いのです。


DSC01206



JAMES BLAKE

なんだか趣味の悪い中年のオッサンが着ているようなトレーナー姿でステージに現れたので若干拍子抜けしましたが、やはり彼のライブは他のどんなものとも違っていて良かったです。ほんとうに独特なサウンドなので、時より退屈に感じてしまう瞬間もあるのですが、気づくとその音に引き込まれてしまっています。フジロックで彼を見るのは2回目だったのですが「やっぱりいい」と改めて感じさせてくれるライブでした。


DSC01347



SIGUR RÓS

前にサマソニで観たときは大勢のサポートメンバーを引き連れて、ポップな楽曲も積極的にやってくれたのですが今年は様子が違いました。メンバーはヨンシーを含めてたった3人で、ストイックに轟音を鳴らしていました。しっとり聞ける曲もあれば、スケールの大きな迫力のある曲もあり、星空が弾けるような後ろのスクリーンの演出もきれいでした。

以下、セットリスト
1. Óveður
2. Starálfur
3. Sæglópur
4. Glósóli
5. Vaka
6. Ný Batterí
7. E-Bow
8. Festival
9. Yfirborð
10. Kveikur
11. Hafsól
12. Popplagið

後ろ髪を引かれながらもシガー・ロスは途中退出。ディスクロージャーを観るためにホワイトステージに移動しました。


DSC01388



DISCLOSURE

2枚目のアルバム「Caracal」が個人的にはちょっと微妙で、なんかインパクトが薄れて落ち着いちゃったなぁという印象を持っていたのですが、ライブはそんなことは全くなく相変わらず最高でした。
むしろ、2年前に同じホワイトステージで観たときよりも圧倒的に進化しているような感じさえしました。

ライブ終盤にはスペシャルゲストとしてBrandon Rileyが登場して”Moving Mountains”を披露。これがまたもの凄いセクシーで美しい歌声でしびれました。



以下、セットリスト

1. Intro
2. White Noise
3. F for You
4. Jaded
5. Omen
6. You & Me
7. Echoes
8. Nocturnal
9. Bang That
10. When a Fire Starts to Burn
11. Boss
12. Holding On
13. Moving Mountains(with Brandon Riley)
14. Latch


DSC01488



MURA MASA

ディスクロージャーを楽しんだ後はレッドマーキーに移動してムラ・マサを観賞。毎年レッドマーキーの深夜枠は素晴らしいDJが大集結するので、今年もたいへん期待していました。

そして、ムラ・マサは期待通り良かったです。Soundcloudにアップした楽曲がきっかけでメジャーデビューし、まだ20歳なのに音楽プロデューサーとしてフジロック出場するというまさに天才。どの楽曲もセンスで溢れており、存分に楽しませてもらいました。今後が本当に楽しみなアーティストです。


DSC01654



OLIVER HELDENS

オリヴァー・ヘルデンスの開始時間は深夜の2時。というわけで、若干フラフラな状態で観たのですがこの日のベストアクトでした。

そもそも、TomorrowlandやEDCなどの海外の有名EDMフェスに出演しまくっている彼がレッドマーキーのような小さな箱で観れるというのがまず夢のようでした。ライブはゴリゴリのEDMで観客を沸かせており、時間も時間だけに人もまばらで少なかった会場も、あっという間に人がどんどん増えいき気づいたら人で溢れかえっていました。

後で知ったのですがオリヴァー・ヘルデンスはまだ若干21歳のようで、ムラ・マサもそうでしたが海外は若い人の才能が凄すぎです・・。


DSC016602





2016.07.23 2日目



DSC00954

TOM ODELL

今年発売のアルバム「ロング・クラウド」がなかなか良かっただけに期待していたのですが、以外にも開演前のグリーンステージはスカスカ状態でした。ただ、やはりライブは凄く良かったですね。CD音源で聞いているとけっこう落ち着いた曲調のものが多い印象なのですが、ライブだとビックリするぐらい迫力がありました。


DSC01845



TRAVIS

トラビスにはなごやかでピースフルな素敵なライブを楽しませてもらいました。当日はボーカルであるフランの誕生日ということでライブはフランのお祝いモード全開。フランも観客の中に乱入して歌ったりとご機嫌な様子でした。ライブ終盤の”Magnificent Time”では観客みんなにフリを覚えさせて踊らせたりと、そんな会場全体の一体感も楽しませてもらいました。

それにしても、トラビスはメンバー間の仲がとても良さそうで、ライブ中もメンバーみんなが笑顔なのがとても記憶に残っています。初めてみたバンドでしたが一瞬で好きになりました。


以下、セットリスト

1. Sing
2. Selfish Jean
3. My Eyes
4. Animals
5. Where You Stand
6. Moving
7. 3 Miles High
8. Side
9. Paralysed
10. Closer
11. Turn
12. Flowers in the Window
13. Magnificent Time
14. Why Does It Always Rain on Me?


DSC01891



THE HEAVY

ホワイトステージに移動してザ・ヘヴィーを少し観ました。今回で2回目でしたが、その盛り上げ方の上手さと、ボーカルの声の迫力は素晴らしかったです。


DSC01860



松崎ナオ

自分は洋楽好きなのでフジロックでも邦楽アーティストはあまり観ないのですが、今回松崎ナオだけはずっと楽しみにしていました。松崎ナオを知ったのはNHKのドキュメンタリー番組「72時間」のエンディング曲である”川べりの家”でした。「72時間」は好きな番組でよく観ていたのですが、気づいたら”川べりの家”も大好きになっていました。

そんなこともあって待ち望んでいた松崎ナオのライブ。その第一印象はMCがなんか変。なんか訛っている感じで「ありがとう」を「ありがぁ~とぉ!」といようにイントネーションがだいぶ変わっています。そんなちょっと変でぶっとんだMCではありましたが、生で彼女の歌声は美しく、夕方どきのどんよりとしたフジロックの空気感とも絶妙にマッチしていました。

生で聞く”川べりの家”は涙ものでしたが、ラストの”hello, goodbye”も最高によかったです。


DSC019292



BECK

いままでずっと観たい観たいと思っていながら、なかなか観る機会のなかったベック。ようやく観る事ができて感激でした。1曲目は名曲”Devil’s Haircut”で、その後すぐにさらなる名曲”Loser”が披露され、ライブ序盤から感激しまくりでした。

可愛いベビーフェイスと、カッコイイ立ち回りのギャップも素敵です。


以下、セットリスト

1. Devil’s Haircut
2. Black Tambourine
3. Loser
4. The New Pollution
5. Qué Onda Güero
6. Mixed Bizness
7. Hell Yes
8. Soul of a Man
9. Think I’m in Love
10. Go It Alone
11. Lost Cause
12. Heart Is a Drum
13. Paper Tiger
14. Blue Moon
15. Everybody’s Got to Learn Sometime
16. Dreams
17. Girl
18. Sexx Laws
19. E-Pro
Encore:
20. Debra
21. Where It’s At



SPECIAL OTHERS

元々は全然興味のないバンドだったのですが、たまに読んでいる登山雑誌「ランドネ」に度々登場してくるのでずっと気になっていました。それがフジロックに出演するというのでYouTubeでいくつか楽曲を聞いてみると聴きやすいインストバンドといった感じですぐに気に入ってしまいました。

この日のライブはバンドのデビュー10周年ということでシングルカットされた曲順に披露するという特別なものでした。ヘブンの雰囲気にも凄くよく合っていて良かったです。


DSC02062



SQUAREPUSHER

SPECIAL OTHERSが終わったあとにホワイトに移動して少しだけ聞いたのですが、完全に気が狂ったような音楽性でした。

ドリルンベースというジャンル別けがされているようですが、ステージは異様な雰囲気で常に狂気に満ちていました。正直言って、人に薦めるような音楽でもないし、お世辞にも素晴らしかったとは言いにくいのですが、なぜかもっと聞いていたいと思ってしまうような中毒性も垣間見れました。


DSC02088



KILL THE NOISE

2日目も深夜はレッドマーキーで楽しませてもらいました。深夜枠1人目は海外のEDMフェスにも数多く出演し、大きな注目を集めいているKILL THE NOISE。SKRILLEXの曲もいくつかサンプリングしながら、攻撃的で攻めの姿勢を崩さないプレイを披露してくれました。もう、完全に自分の好みにマッチしていて、最高に楽しかったです。


DSC02124


BAAUER

KILL THE NOISEの次はブルックリン出身のポルトガル人プロデューサー、バウアー。KILL THE NOISEに負けじとも劣らない攻撃的なプレイで同じように楽しませてもらいました。深夜のレッドマーキーで爆音でこういうDJのプレイを聞いているときがフジロックで一番楽しいです。

フジロックじゃなくてウルトラとかEDMのフェスに行けよと言われそうですが、フジロックで聞くEDMはウルトラで聞くEDMとはまた違った良さがあるのです。


DSC02122





2016.07.24 3日目



DSC02196

DMA’S

3日目の一発目はDMA’S(ディー エムエーズ)でした。全体的にすごくオアシスに似ていて、90年代のブリットポップ・ムーブメントを凄く感じるのですが、実際にはオーストラリア出身のバンドのようです。

“Lay Down”や”Your Low”などの楽曲はとても聴き心地がよく、存分に楽しませてもらいました。こういうシンプルなロック・サウンドはいつ聴いても最高です。ちなみに、服装はめちゃくちゃダサかったのですが、逆にそれがストイックな雰囲気が出てて良かったです。

夕方、岩盤スクエアでのアコースティックライブも聴きにいったのですが、アコースティックバージョンも心に染み渡る感じで良かったです。

以下、セットリスト

1. Timeless
2. Too Soon
3. Feels Like 37
4. In the Moment
5. Melbourne
6. Lay Down
7. Delete
8. Your Low
9. Laced
10. Play It Out


DSC02202



TROYE SIVAN

全部は観てないのですが、30分ほど観てきました。ライブに派手さはないものの、気持ちのいいビートと透明感のある歌声はなかなかのものでした。ZEDDの”paercut”も聞きたかったのですがこの日はやらなかたったみたいですね・・。残念。



STEREOPHONICS

トロイ・シヴァンを早めに切り上げて、グリーンステージで観たのがこのステレオフォニックス。1曲目は新しいアルバムからの”C’est La Vie”。これがまたノリのいい曲で、ライブ序盤から楽しませてもらいました。

グリーンステージの脇でビールを飲みながらのんびり観ていたのですが、天気もいいし、音楽は名曲ばかりだしで幸せな時間を過ごさせてもらいました。もちろんライブの最後は”Dakota”で、観客の大合唱と共に締めくくられました。


以下、セットリスト。

1. C’est La Vie
2. Mr and Mrs Smith
3. The Bartender and the Thief
4. I Wanna Get Lost With You
5. I Wouldn’t Believe Your Radio
6. Maybe Tomorrow
7. Pick a Part That’s New
8. Have a Nice Day
9. Local Boy in the Photograph
10. Indian Summer
11. Sunny
12. A Thousand Trees
13. Dakota


DSC02216


JACK GARRATT

今年のフジロック3日間を通して一番衝撃的だったのがこのジャック・ギャラットでした。自分ひとりだけでドラム、キーボード、シンセベース、ギター、サンプラーなどを操りそれぞれの楽曲を完璧に再現していました。その分、ライブ中の彼の運動量は凄まじく、その熱気が観客が伝わったのか度々起こる歓声も凄まじいものでした。

以下の動画はフジロックの時のものではないですが、今年のT in the Parkでの映像です。3:50のピアノが入るあたりから完全に打ちのめされ、さらにラストにかけてのドラミングで止めを打たれました。特にこの”Fire”はヤバかったです。



レッドマーキーであそこまで歓声が上がるのもなかなか珍しいとは思うのですが、ジャック・ギャラットはそれを知ってか知らずか、湧き上がる歓声に毎回照れるようにリアクションしていたのも素敵でした。

今まで色んなライブを観てきましたが、ここまで異次元的にヤバいライブは初めてでしたね。本当に素晴らしかったです。


DSC02234



YEARS & YEARS

ボーカルのオリーの声は生で聞くととても伸びやかで素敵でした。特に”Desire”や”King”がよかったです。レッチリと微妙に時間がかぶっているので、最後まで観ようか悩みましたが、最後までみてよかったです。

以下、セットリスト

1. Take Shelter
2. Shine
3. Worship
4. Border
5. See Me Now
6. Eyes Shut
7. Dark Horse
8. Hotline Bling
9. Ties
10. Gold
11. I Want to Love
12. Real
13. Desire
14. King


DSC02093


RED HOT CHILI PEPPERS

イヤーズ&イヤーズを観終えてグリーンステージに入ると、足の踏み場のないような満員状態になっていました。流石の注目度です。

個人的には”Otherside”や”Under the Bridge”などが聞けて良かったなという印象。新しいのアルバムの”Dark Necessities”もなかなか。

以下、セットリスト。

1. Intro Jam
2. Goodbye Angels
3. Dani California
4. Scar Tissue
5. Dark Necessities
6. Parallel Universe
7. Otherside
8. Look Around
9. The Getaway
10. Californication
11. Go Robot
12. Under the Bridge
13. Detroit
14. By the Way
Encore:
15. Dreams of a Samurai
16. Give It Away


BATTLES

レッチリが終わったら急いでホワイトに移動して、バトルを観たのですがちょっと後悔しました。レッチリは途中で抜け出しでバトルスを最初から観ておけばよかったです。

そもそも、バトルスは何年か前のフジロックのグリーンステージでも観ていたのですが、その時とは明らかに違いました。前回は昼間で、今回は夜のホワイトステージという違いも大きいのかもしれませんが、バンドとしても大きく成長を遂げていたように感じました。終始、バトルスってこんなに良かったけ?なんて思いながら観てました。

今年のフジロックを締めくくるには最高のパフォーマンスでした。


DSC09337


まとめ

とりあえず、今年のベストアクトは圧倒的にJACK GARRATTでした。後はBATTLES、BIFFY CLYRO、KILL THE NOISE、OLIVER HELDENS、MURA MASAあたりが良かったです。どうも最近、自分の好みがロックからEDM寄りになってきている感じがしてならないです・・。

あと、邦楽アーティストでは松崎ナオが最高でした。惚れました。以上

他のフジロックの感想記事


・フジロックフェスティバル2015の感想
・フジロックフェスティバル2014の感想
・フジロックフェスティバル2013の感想
・フジロックフェスティバル2012の感想
・フジロックフェスティバル2011の感想
・フジロックフェスティバル2010の感想

CROSSBEAT Special Edition 最速完全レポート!! フジロック'16 (シンコー・ミュージックMOOK)




コメント:0

Remember personal info

Home > 夏フェス関連 | ライブレポート > フジロックフェスティバル2016に行ってきた感想など

検索
フィード
メタ情報

Return to page top