Home > アウトドア > ザ・ノースフェイスのクライムベリーライトジャケットを買ってみた

ザ・ノースフェイスのクライムベリーライトジャケットを買ってみた

前からちゃんとした登山にもフェスにも使えるような、ちゃんとしたレインウェアが欲しかったのですが、ついに今年はノースフェイスのクライムベリーライトジャケットを買ってしまいました。

実際に登山やフェスで使った感想を書いてみようと思います。


クライムベリーライトジャケットの特徴


まずは、購入するときに決め手になったクライムベリーライトジャケットの特徴についてまとめてみたいと思います。このジャケットには通常のゴアテックスとは違い、特殊に編みこまれた「C-KNIT」という生地が使われており、それによって以下のような優れた特徴を持っています。



ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クライムベリーライト ジャケット NP11505

柔らかくてしなやか

通常のゴアテックスとは違い、ゴアテックス特有のゴワゴワした着心地の悪さがなく、着心地はとても柔らかくてしなやかです。実際に着てみると分かりますが、レインウェアを着ているとう感覚は全くなく、着心地はバツグンです。

軽くてコンパクト

「C-KNIT」という生地は通常のゴアテックスよりもとても薄いので、軽く、コンパクトに携帯することができます。重さは約250gで、収納袋に入れたときのサイズはだいたい直径10cmX幅15cmです。

高い透湿性能

生地が薄いからこその特徴なのですが、通常のゴアテックスよりも高い透湿性能を持っています。

その他

止水ジッパーになっていたり、ヘルメット対応のフードになっていたり、細かな工夫も随所に見られます。


実際に使ってみて

登山の場合

買ってから一番最初に使ったのは6月下旬の南アルプスでした。鳳凰三山を目指して登山していて雨が降ったときに使用してみたのですが、とても快適でした。


DSC_0337


しっかりと防水してくれるのはもちろん、体に蒸れを感じることがほとんどありませんでした。息が切れるような急な登り坂では汗をかくので、少し蒸れを感じることもありましたが、その後すぐに蒸れが引いてくれたので高い透湿性があるのは間違いなさそうです。

この製品は脇のところに空気を通すベンチレーション機能がついていないため、それが唯一の欠点だといわれることもありますが、実際に使ってみると高い透湿性能があるので、別にベンチレーションがなくても問題なさそうです。

また、南アルプスではちょっとした藪を歩いたり、木の枝が登山道に多く垂れ下がっている場所も歩いたのですが、ウェアにはまったく傷などがついていませんでした。耐久性もバッチリです。

フェスの場合

今年のフジロックに持って行ったのですが、今年はほとんど雨が降らず性能を試すことができませんでした。しかし、このようなレインウェアは気温が下がる夜に防寒着として使えるので、防寒着としては大活躍してくれました。耐風性があり、しっかりと風を防いでくれました。

街中の場合

買うときに店員さんから聞いたのですが、これを街中で着る人も多いとの事。自分は街中でほとんど着てないのですが、シンプルな見た目で、街中で着ても全然OKだと思います。


買う時の注意


クライムベリーライトジャケットは他のレインウェアの比べてスリムで丈も短めに作られています。自分は身長172cmの62kgでMサイズを選びましたが、けっこうタイト目でした。

自分はタイト目が好きなのでむしろ良かったのですが、余裕のある着心地を求めるのであれば、ワンサイズ上のものを購入してもいいかもしれません。






コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > ザ・ノースフェイスのクライムベリーライトジャケットを買ってみた

検索
フィード
メタ情報

Return to page top