Home > アウトドア > 【北アルプス】白馬岳から不帰ノ嶮を通って唐松岳へ行ってた【後半】

【北アルプス】白馬岳から不帰ノ嶮を通って唐松岳へ行ってた【後半】

白馬三山から不帰ノ嶮を通って唐松岳に行ってきた感想ブログの後半です。

今回もその時の感想を適当に書きなぐっていきます。



ルートの全体図

%e7%99%bd%e9%a6%ac%e5%b2%b3%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97

今回のルートは2泊3日で白馬岳や唐松岳を巡る縦走ルート。

この記事は後半です。前半の記事は以下のリンクから。



3日目 天狗山荘から不帰キレットを通って唐松岳へ



IF

この日は5時頃に起床。5時半ごろには朝日が登り、その朝日と雲海と白馬鑓ヶ岳が合わさった景色がとても美しかったです。


IF

さらに日が昇った6時過ぎごろの景色。透き通った青空と、白さが際立つの白馬鑓ヶ岳が素敵です。


IF

そして、景色をのんびり撮影している時にちょうど荷揚げのヘリコプターが天狗山荘にやってきました。間近でみる荷揚げシーンは迫力があってすごかったです。


IF

山小屋の前のベンチでのんびりと準備を整え、唐松岳へと向かいます。


天狗平


IF

歩き始めてすぐは天狗平のゆるやかな道が続きます。ただ、この日は少し雲が多く、天気があまりよくなかったのが残念でした。


天狗尾根(天狗の大下り)


IF

歩き始めて1時間後、天狗尾根に到着です。

というわけで、ここからはこの日のために購入しておいたヘルメットを着用します。ヘルメットを着用していない方も見かけましたが、このエリアはヘルメット着用推奨地域に指定されており、身の安全の為にもあったほうがよいでしょう。

長野県:山岳ヘルメット着用推奨山域の指定について


IF

ヘルメットを着用し、難所である天狗の大下りに挑みます。急なガレ場が続くので、慎重に進みます。


IF

そして、急な岩場をクサリを使って降りていきます。なかなかのスリルでアドレナリンが出っ放しです。


不帰キレット


IF

天狗の大下りを降り終えた地点が不帰キレット。ほっとしたのも束の間。ここからが不帰ノ嶮の革新部です。


IF

不帰キレットを通過したら、急な岩場登りが始まります。


不帰一峰 (不帰ノ嶮)


IF

まず到達したのが不帰一峰。ここまでは、危険な箇所は特にありません。


IF

不帰一峰を降りる途中、目の前には不帰二峰の急な山肌が現れます。


IF

ここから急な岩場の登りとなり、クサリ場も連続します。


IF

こんな感じで急なクサリ場が連続しています。


IF

場所によってはこのようなトラバースになっています。


IF

そして岩と岩の間にかけられたハシゴ。ハシゴの下は断崖絶壁で、正直めちゃくちゃ怖かったです。


IF

道の途中には開けた場所もあり、途中に休憩を挟みながら進んでいきます。不帰ノ嶮の標準コースタイムは3時間。集中力を切らさない為にも休憩は大切です。


不帰二峰北峰 (不帰ノ嶮)


IF

20mにも及ぶクサリ場など、不帰ノ嶮の核心部を超え、なんとか不帰二峰北峰に到達することができました。

不帰二峰北峰の直前にある急な登りは一番の難所でした。なので、写真を撮る余裕もなかったです。


IF

不帰二峰北峰の頂上から、自分が登ってきたところを手を伸ばして撮影してみました。ほんとに急なクサリ場で大変でした。


IF

不帰二峰北峰を抜けるとゆるやかな道が続きます。

実は難所が続くのは不帰二峰北峰まで。ここからはもう危険な箇所はほとんどありません。


不帰二峰南峰 (不帰ノ嶮)


IF

ここが不帰二峰南峰。人が数人立てるほどのスペースしかなかった二峰北峰とは違い、二峰南峰はとても開けており、休憩するにもピッタリです。


IF

さぁ、この後は唐松岳へ向かいます。


IF

唐松岳までのルートは比較的ゆるやかな道が続きます。




唐松岳


IF

というわけで、唐松岳の山頂に到着。


IF

天気は曇りでしたが、北アルプスの絶景を見ることができました。


IF

唐松岳から少し下ると、唐松岳山頂山荘が見えてきます。

山荘の下に道がジグザグに伸びている箇所がありますが、そこがテント場になっています。下のほうにテントを張ってしまうと山荘に戻るのが大変そうですが、どの場所も眺望は良さそうです。


唐松岳頂上山荘


IF

唐松岳頂上山荘

テント:25張(幕営料1000円)
水場:あり
トイレ:あり
ホームページ:http://karamatsu.jp/

唐松岳頂上山荘に到着です。今回はここのテント場に泊まることも計画していたのですが、天気予報を確認したところ、これから天気が崩れるとのことで泊まることを諦めました。

雨だとあまり眺望も期待できないですし、雨の中でテントの設営とか撤収とか嫌なのでね・・。


IF

唐松岳頂上山荘の前にあるベンチで少し休憩させてもらったとは、下山する為に八方尾根に向かいます。


IF

天気が悪くガスガスな状態ですが、淡々と降りていきます。


IF

しばらくすると樹林帯になってきました。


八方池


IF

さらに下ると八方池に到着です。そしてこの八方池から雰囲気が一変します。

というのも、ここまではハイキングコースになっており、登山靴も履いていない軽装な人たちで溢れていました。

テント泊装備の入った60Lのザックを背負った自分は若干浮いていました。


IF

八方池を超えると整備された木道が続きます。道の端では老夫婦がくつろいでいたりして、もうすっかり登山道の雰囲気はなくなりました。


IF

そして、八方池山荘とロープウェイの駅が見えてきました。

唐松岳頂上山荘からこの八方池山荘までの標準コースタイムは2時間半ですが、1時間半で来れました。


八方池山荘&グワードクワッドリフト


IF

八方池山荘に到着。


IF

で、やっぱり締めのビールは外せないです。ちょっと寒かったのですが、下山後のビールは格別です。


IF

すこしお腹も空いてきていたので、八方池山荘でカレーを頂きました。

この日は日曜日で、お昼どきだったのにも関わらず、他のお客さんは誰もいなくて貸切状態でした。天気が悪いと観光客も少ないんですかね??


IF

八方池山荘でのんびりした後はリフトに乗って下山します。


アルペンクワッドリフト


IF

グワードクワッドリフトの次はアルペンクワッドリフトに乗ります。


IF

なぜか他のお客さんが全然いません・・・。運営は大丈夫なのだろうか?赤字じゃないのだろうか?


八方尾根ゴンドラリフトアダム


IF

アルペンクワッドリフトの次は八方尾根ゴンドラリフトアダムに乗ります。


IF

ここでも他のお客さんはほとんどおらず、貸しきり状態でした。


白馬八方


IF

ゴンドラとリフトを乗り継いでようやく白馬八方駅にたどり着きました。

下界に降り立つと晴れていて、気温も高くてビックリしました。山の上と麓では全然紀行が違うんですね。

白馬八方からはバスでJR白馬駅に向かう方法が一般的ですが、数キロしかないので歩く事もできます。というわけで30分ほど歩いて白馬駅まで行き、帰宅しました。


まとめ


登山を始めた頃からずっと憧れていた北アルプス。それで今回、初めての北アルプスだったわけですが、やっぱ山脈が幾重にも連なるダイナミックな景色は流石ですね。

そして北アルプス屈指の難所とも言われる不帰ノ嶮は、直前まで不安でビクビクしていたのですが、実際に行ってみるとちょうど良いスリル感でめちゃくちゃ楽しかったです。(恐怖を感じる箇所もいくつかありましたが)

やっぱいいですね、山登りは。






コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > 【北アルプス】白馬岳から不帰ノ嶮を通って唐松岳へ行ってた【後半】

検索
フィード
メタ情報

Return to page top