Home > アウトドア > 城ヶ島の撮影スポットを歩いてきた【馬の背洞門・城ヶ島大橋】

城ヶ島の撮影スポットを歩いてきた【馬の背洞門・城ヶ島大橋】

城ヶ島のハイキングコースを歩きながら岩礁の写真を撮影してきました。

城ヶ島はごつごつした岩が多いのでダイナミックな景色が撮影できるほか、星空の撮影にも向いている撮影スポットです。星空の写真は上手く撮れなかったのですが、夕景の写真はなかなか面白いのが撮れました。

というわけで、以下その時の記録です。



今回のルート

アクセス

横浜駅三崎口駅

49分(565円)


三崎口/京急バス白秋碑前/京急バス

28分(350円)


白秋碑前/バス停
安房崎灯台
ウミウ展望台
馬の背洞門
長津呂崎
白秋碑前/バス停

白秋碑前/京急バス三崎口/京急バス

28分(350円)


三崎口駅横浜駅

49分(565円)

車でのアクセス

車で城ヶ島にアクセスする場合、城ヶ島大橋の渡橋料が必要になります。ただし、渡橋料は普通自動車で往復150円でそれほど高くはありません。また、徒歩で渡る場合は無料です。

渡橋料等について – 神奈川県ホームページ

また、城ヶ島内には公共駐車場が6箇所あります。ワンデーパス料金(普通の場合450円)を払えば、どこの駐車場に何回停めても一律料金になります。

城ケ島駐車場 – 神奈川県ホームページ

ルートの全体図




今回歩いたのは城ヶ島のハイキングコースと呼ばれている島の南側のエリアを中心に散策してきました。南側は岩礁が広がる絶景ポイントがたくさんあります。

白秋碑前バス停から島を一周すると1時間半ほどのルートになり、休憩や撮影をしながらのんびり歩いても2時間ぐらいで一周できるかと思います。



バス停から舗装された道を少し進み、島の東側からハイキングコースに入ります。

ここからは岩礁の道となり、ごつごつした岩の景色が広がります。




さらに進むと安房崎灯台のあるポイントにたどり着きます。この辺りは城ヶ島公園と繋がっており、観光客や釣りを楽しむ人も多くみられました。




これも安房崎周辺で撮った写真です。

すでに日が沈み始めていますが、今回は夕日に照らされた岩礁や夜景を撮影する為にわざと夕方の時間に現地入りしています。







ずっと海岸沿いを歩いていましたが、ここでこれ以上海外沿いを進めなくなり、一旦城ヶ島公園の中を通っていきます。

そのポイントで撮った写真がこちら。高く立ちはだかった岩がダイナミックで、日本じゃないような写真を撮影することができました。夕日もいい味出てます。



ウミウ展望台







城ヶ島公園の中を抜け、しばらく歩くと「ウミウ展望台」にたどり着きます。まさに絶景。

写真では分かりくいですが、岸壁にはたくさんのウミウがとまっていました。望遠レンズを持ってきてなかったのが悔やまれました。



馬の背洞門(うまのせどうもん)







城ヶ島一番の撮影スポットと言われるがこの「馬の背洞門」です。

岩に大きな空洞が空いており、岩の橋がかかっているようにも見えます。これは海蝕洞(かいしょくどう)と呼ばれるもので、波が長い年月をかけて岩を削ってできたどうくつの事を指すようです。






馬の背洞門を通り過ぎたあたりでだいぶ夕焼けが綺麗になってきました。この写真は馬の背洞門の西側の海岸で撮影しています。




これも馬の背洞門の西側で撮影したもの。緑色をした岩が夕焼けに照らされて良い色になってます。





長津呂崎







日が沈んだ頃に長津呂崎に到着しました。このポイントは斜めになった岩がたくさん並んでおり、正面には富士山を望むこともできます。

今回は広角レンズだったので富士山がとても小さく写っています。やっぱ望遠レンズも持ってくるべきだった・・。

長津呂崎には城ヶ島京急ホテルという宿もあり、宿の前には景色を眺める人で賑わっていました。日帰り入浴もできるようなので、ハイキングの後に汗を流すにはちょうどいいかもしれません。

城ヶ島京急ホテル
日帰り入浴料: 大人1,000円(税込)、小学生500円(税込)
営業時間: 11:00~18:00(年中無休)


馬の背洞門(うまのせどうもん)







完全に日が暮れてからは、馬の背洞門の夜景を撮影する為に来たコースをまた戻りました。その途中に撮ったが上の写真。右側に小さく馬の背洞門が写っています。








そして、これが夜の馬の背洞門。昼とは違った雰囲気があります。

本当はもっと星がたくさん写った写真を撮りたかったのですが、この日は月が出ていたこともあった、星があまり写りませんでした。

城ヶ島は天の川が見えるので星空の撮影スポットにもなっているのですが、月の出ていない日に来ないと綺麗な星空は撮れなさそうです・・。


城ヶ島大橋








帰る間際に城ヶ島大橋の夜景も撮影してきました。

橋の下は砂浜に出られるちょっとした公園になっていて、写真撮影もしやすかったです。


三浦市観光協会:城ヶ島観光マップ




城ケ島パンフレットpdf 1 城ケ島パンフレットpdf 2





コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > 城ヶ島の撮影スポットを歩いてきた【馬の背洞門・城ヶ島大橋】

検索
フィード
メタ情報

Return to page top