Home > アウトドア > 箱根の外輪山(金時山・明神ヶ岳・明星ヶ岳)でトレイルランをやってきた

箱根の外輪山(金時山・明神ヶ岳・明星ヶ岳)でトレイルランをやってきた

ゴールデンウィークの初日、箱根の外輪山でトレイルランをしてきました。金時山から箱根湯本へのコースは桜と新緑に溢れていて、素晴らしいコースでした。以下、その感想。



今回のルート

アクセス

JR横浜駅箱根湯本駅

1時間26分(1280円)

箱根湯本駅仙石

47分(750円)


金時神社入口
金時山
明神ヶ岳
宮城野バス停

宮城野バス停箱根湯本駅

17分(540円)

箱根湯本駅JR横浜駅

1時間26分(1280円)


ルートの全体図



今回のコースは金時山から箱根湯本駅まで向かうおよそ19㎞のコース。実は去年にも一度挑戦したのですが、体力的にきつくなって、途中で下山しました。そのときのブログは以下のリンクから。

関連記事:「箱根の金時山で初めてトレイルランニングをやってみた」

%e9%87%91%e6%99%82%e5%b1%b1%e6%a8%99%e9%ab%98

コースは全体的に下りになっておりトレイルランにはピッタリです。ただ、金時山の手前と明神ヶ岳の手前には急な登りがあるので注意。


箱根湯本駅




横浜から始発で箱根湯本駅までやってきました。一応ゴールデンウィーク中でしたが、まだ朝の7時ということもあって人は少なめでした。

仙石(箱根登山バス)




箱根湯本からは桃源台方面のバスにのって「仙石」というバス停まで向かい、ここから金時山登山口まで15分ほど歩いていきます。途中にはコンビニが二軒ほどあるのでトイレを済ませたり、食料を買うことも可能です。

金時山登山口




金時山登山口には公衆トイレのほか、駐車場もあります。朝の8時前でしたが駐車場はけっこう埋まっていました。

ちなみに金時山登山口にある無料駐車場は30台ほど停められます。また、そこが埋まっている場合は隣接するゴルフ場の駐車場に一日500円で停めることができるようです。

公時神社




箱根登山口から進んでいくと公時神社があります。




公時神社には、童話「金太郎」のモデルになった武将坂田公時が祀ってあるそうで、神社の境内には斧のオブジェがありました。




公時神社を後にし、朝日が差し込む杉並木を進んでいきます。なんとも穏やかな雰囲気が漂っていました。

金時宿り石




金時宿り石は金太郎とその母が夜露をしのいだとされる大岩。岩の下に支え棒がたくさんあるけど意味はあるのだろうか?




しばらく登ると視界が開けてきます。




大涌谷からは蒸気がたくさん立ち昇っていました。

金時山




標準コースタイムの約半分で金時山の山頂に着きました。

ゴールデンウィークでかつ天気も良かったので、山頂には多くの登山客で溢れていました。金時山は今回が2回目でしたが、前回よりも家族連れや、集団で登る小学生たちを多く見かけました。

金時山は一時間半ぐらいで比較的楽に登れる山なので子供とのハイキングにもピッタリなんでしょうね。

金時山で少し休憩し、すぐに明神ヶ岳に向かいます。




登っている時には気づかなかったのですが、金時山の登山道には山桜がいくつも咲いていました。




そして、透き通るような緑の新緑もたくさん見られました。

ゴールデンウィーク中の金時山は桜と新緑の両方がみられる最高なスポットなようです。


うぐいす茶屋




金時山からすこし下ると、うぐいす茶屋が現れます。ここでは飲み物や軽食の購入が可能です。

サービス精神旺盛なご夫婦が営んでいるそうで、少し興味があったのですが今回は先を急ぐので先を急ぎます。




地面には紫の花が。カキオドシかな?日本のどこでも見れられる花で、特に珍しくもないですが、花の咲く道を歩くのは楽しい。




明神ヶ岳への道は両側が笹に覆われている道が多くなっています。

ところどころ平坦で走りやすい道が出てくるので、このあたりはここぞとばかりにトレランしました。




少し登って振り返ると先ほどまでいた金時山がそびえていました。美しい。

この辺りまで来ると登山者の数は途端に少なります。体感的には10分の1ぐらいでしょうか?

この先は茶屋もなければトイレもないので人気のないエリアなのかもしれません。ただ、静かな山を楽しみたい人にとっては素晴らしい穴場エリアです。




タチツボスミレ。金時山と明神ヶ岳にたくさん咲いています。




桜の咲く走りやすい道を走っていきます。眺望はいいし、桜は咲いてるし、走りやすくて、最高すぎます。




地面には小さくて可愛い黄色い花が。イワキンバイという花。

あと、この辺りではすごくキレイな声で鳴くソウシチョウという鳥も見かけました。外来種ですけどね・・。




明神ヶ岳へ行くルートの途中には急な登りの箇所があります。さすがにここでは走る事はできず、ゆっくりと歩いていきました。





急登を登り終えると、ゆるやかな尾根歩きになります。この辺りは箱根の街を一望しながら走れるポイントです。




真後ろを振り返れば、金時山と富士山のコラボ。もちろん大涌谷や箱根の街並みも見れます。

明神ヶ岳




急な登りに苦しめられてやや体力を奪われましたが、ようやく明神ヶ岳に到着です。

金時山に比べると人は少なめですが、みんなのんびりとお昼休憩をしていました。ただ、ここはベンチが一つしかないので、レジャーシートがあると便利だと思います。

自分はレジャーシートを持ってなかったので、その辺の草っぱらに座って休憩しました。




明神ヶ岳を過ぎると、走りやすい下り道が多くなり、ここからが本格的なトレランコースといった感じになります。もちろん、比較的平坦な道も多く、走りやすいです。




そして、道端にはまた桜。品種名はわからなかったのですが、新緑の中に混じる桜の花はほんとキレイでした。




山肌に映える新緑の木々。好きだなぁ、こういう新緑の景色。




明星ヶ岳の手前でやや開けた場所に出ました。明星ヶ岳の山頂はもう少しです。

明星ヶ岳




そしてここが明星ヶ岳の山頂。全然、山頂っぽくなくて「あれっ?ここ?」という感じでした。眺望は全然ないです。

ちょっと拍子抜けしたこともあり、特に休憩もせず山頂を後にしました。




ここでも桜が咲いています。こんなに桜が咲いているとは知らなかったのですが、気分はもう完全にお花見です。




4時間近く歩き、走り続け、だいぶ足にも疲労が溜まってきました。所々に登りの箇所があるのですが、息をきらしながら進んでいきます。




と、ここで車道にでました。ここでゴールではなく、車道を900mほど進んでまた登山道に戻ります。




登山道に戻ると、さらに新緑が進んでいる感じで、道の両側は明るい緑色で輝いています。




上を見上げると楓の葉が。




下を見れはシャガの群生が。

塔ノ峰




新緑と花を楽しんでいるうちに塔ノ峰に到着です。ここも眺望はありません。




だいぶ体力的にきつくなってきましたが、こんな緑に覆われた素敵な道を駆け足で降りてゆきます。




阿弥陀寺の直前、道の真ん中に七福神らしき方が・・。

阿弥陀寺




阿弥陀寺に到着です。お寺というか普通の民家のようなところでした。




後は舗装された道を進んでいくのですが、ダメージの蓄積した足に固い道はきつかったです。




途中にまた桜が。ほんといい時期に来れた。

箱根湯本




金時山の登山口を出発して約5時間。ようやくゴールの箱根湯本に到着しました。もう、足はボロボロです。

弥次喜多の湯




箱根でトレランしたらやっぱ温泉!ということで弥次喜多の湯におじゃましました。箱根湯本駅から歩いて数分であり、比較的いつも空いているのでここにしました。中もけっこう綺麗でゆったり休めるのでオススメです。





コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > 箱根の外輪山(金時山・明神ヶ岳・明星ヶ岳)でトレイルランをやってきた

検索
フィード
メタ情報

Return to page top