Home > アウトドア > 雪山シーズンの安達太良山で登山してきた

雪山シーズンの安達太良山で登山してきた

今年は長めに年末年始の休みが取れたので雪山登山に行ってきました。

雪山登山といっても、そこまで本格的ではない初級者向けの雪山として有名な「安達太良山」に登ってきました。以下、その時の感想です。



今回のルート



※標準コースタイムは無雪期のものです。

あだたらスキー場駐車場
(約2.0時間)
くろがね小屋
(約1.0時間)
安達太良山山頂
(約2.0時間)
あだたらスキー場駐車場

あだたらスキー場駐車場




まだ暗かった朝の6時半ごろにあだたらスキー場の駐車場に到着。ただ、その時は雪もガンガンに降っていて、天気が悪そうなのでこの日の登山は諦めようとしていました。

その後、車の中で仮眠しながらうだうだしていると天気が回復。安達太良山に行くと思われる登山者の姿もちらほら見かけるようになったので、自分も準備して出発を決意しました。

そんなこんなで準備が終わった朝の8時に登山開始です。

あと、早朝でもスキー場のトイレが使えました。ウォシュレット付きです。




スキー場の脇を進んでいくと登山道の場所を示す看板が。トレースもしっかりついているので道がわかりやすい。

安達太良山登山口




そしてここが>安達太良山登山口。ここから山の中に入っていきます。




だいぶ天気が回復して朝日が眩しいです。

登山開始時はしっかりした冬用手袋をはめていたのですが、すぐに暑くなってきて脱ぎました。雪山と言えども、やはり歩きだすとすぐ暑くなりますね・・。




青空も見えて綺麗。こういう雪山の景色の歩くのは最高ですね。

この日はスノーシューで登山する方をたくさん見かけました。スノーシューだと歩きやすそうでしたね。

この時の自分は登山靴のみ。アイゼンやワカンは装備として持っていましたが、雪がしっかり固められて歩きやすくなっていたので使いませんでした。




標高が上がるにつれてやや雲が出てきました・・。




そして、気づけば青空は完全に見えなくなり、辺りは白い靄の中に包まれてしまいました・・。風も出てきて体感温度も低下。

良くも悪くも雪山らしい状況に。

くろがね小屋




そんなこんなで、ようやくくろがね小屋に到着。ここで少し休憩です。

ここからはアイゼンとワカンを装着し、手にはピッケルを持ち、完全な雪山装備にしました。他の登山者もここで装備を整えている方が多かったです。ただ、ピッケルを使う人は少なくて、みなスノーバスケット付のトレッキングポールを使用していました。

登ってみて分かったのですが、安達太良山はピッケルよりトレッキングポールで十分な感じですね。




山頂方面を見てみると完全に真っ白、時より突風のような強い風も吹いているので山頂に登らずに引き返そうかと思うほどでした。




少し怖気付いていたのですが、他の登山者が普通に山頂方面に向かっていくのを見て、自分も山頂へ向かうことを決意しました。

実際に登っていって山の稜線に出てみると、風も強くて過酷な状況な感じもあるのですが、そんな過酷な状況が逆に楽しく感じられました。




先行者のトレースはあるものの、風などによってかき消されており分かりにくくなっています。

ただ、写真のような竹の棒が一定間隔で立てられており、道に迷うことはなさそうでした。

峰の辻




峰の辻に到着しましたが、周りは完全に真っ白。ホワイトアウト状態です。




薄く太陽の光が見えますが、だいぶ吹雪いているせいで視界はかなり不明瞭です。

が、なぜかワクワクして楽しい。過酷なほど燃えるというか、雪山らしい雪山を味わえているのが良かった。

安達太良山山頂




そして、なんとか安達太良山の山頂に到着。風は山頂付近が一番強かったです。

バラクラバは装備していましたが、ゴーグルを持ってきていなかったので目の周りが痛いぐらいに冷えてしまってつらかったです。風が強そうな日はゴーグルを持っていたほうがいいかと思います。




安達太良山は別名「乳首山」とも呼ばれており、山頂にちょっともっこりした部分があります。というわけで、その部分にも登ってきました。

ただ、視界が悪く、風も強かったので、適当に写真を撮ってすぐ戻ってきました。写真に写ってるのはたぶん石祠です。全てが凍り付いていて何がなんだかわからなかったです・・。




下山を開始し、少し標高を下げたところでようやく太陽が顔を出し始めました。

白く輝く山肌と、薄い雲の奥に見え隠れする太陽がなんとも幻想的でずっと見とれていました。




下山していくうちにだんだんと雲がまだらになり、下界の景色も見えるようになってきました。




日が差すと周りが一気に明るくなり、山が白く輝いて美しかったです。ただ、後ろを振り返ってみると安達太良山の山頂はまだ厚い雲がかかったままでした。

山の山頂というのは雲がかかりやすいんですかね・・。




標高が下がってきて樹林帯に入ってきました。道はしっかり踏み固められたトレースになっており、歩きやすくなっています。

ただ、空が曇りがかってきて、天気がやや悪くなってきました・・。

薬師岳




ロープウェイの薬師山頂駅がある辺りにまでやってきました。

しかし、この日はとくに眺望もなく、雪に埋もれた標識が顔を出しているだけだったので普通に通り過ぎました。

五葉松平




そして五葉松平に到着。こちらも雪に埋もれた標識が顔を出しているだけだったのスルーです。




淡々と雪道を進んでいくと次第にスピーカーから流れる音楽が聞こえるようになり、ついにはリフトが目の前に現れました。

ゴールはもうすぐです。




スキー場の脇をとぼとぼ歩いていると、宙に舞った粉雪が太陽の光を受けてキラキラと輝いていました。

なんともキレイ。そして美しい。

あだたらスキー場




そして、スタート地点であったあだたらスキー場に戻ってきました。

家族連れでワイワイと賑わっていました。吹雪いてホワイトアウトしていた安達太良山の山頂とは雲泥の差です。

あだたらスキー場駐車場




そして車を停めていた駐車場に戻ります。

朝はほとんど車が停まっていなかった駐車場も車で溢れていました。ほとんどがスキー場にやってきたお客さんでしょう。

奥岳の湯




スキー場の敷地内には「奥岳の湯」という温泉施設があり、ここで汗を流したかったのですがなんだかこの日は営業していない様子でした・・残念。

しかし、登山をしたらやっぱりお風呂!というわけで、あだたらスキー場から車で15分ほどのところにある「スカイピアあだたら」に向かいました。

スカイピアあだたら




http://www.michinoeki-adachi.jp/skypia/

なんだかホームページが古くさくて、施設自体も古臭いのですが、いい温泉でした。お風呂は広く、サウナなどもあり、お風呂に漬かりながら安達太良山を眺めることもできます。

あまり混んでいなくて、地元の人が通うのんびりとした雰囲気が個人的には気に入りました。






コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > 雪山シーズンの安達太良山で登山してきた

検索
フィード
メタ情報

Return to page top