Home > アウトドア > GWに残雪の飯縄山を歩いてきた

GWに残雪の飯縄山を歩いてきた

ゴールデンウィークに飯縄山を登山してきたのでその感想を適当に書いていきます。

飯縄山の山頂付近にはまだ残雪も残っていましたが、天気にも恵まれ、なかなか楽しい登山となりました。




飯縄山とは

飯縄山(いいづなやま)とは長野県の北部にある山で、日本に百名山の一つです。戸隠山、黒姫山、妙高山、斑尾山と一緒に北信五岳(ほくしんごがく)とも呼ばれます。

飯縄山山頂へのルートはいくつかありますが、飯縄登山口から登るのが一般的です。

今回のルートマップ




今回は一番メジャーなルートである飯縄登山口から登るルートを選びました。標準コースタイムは約5時間ほどで、危険個所も無いので難易度は低めです。実際、多くの家族連れでにぎわっており、家族登山にも最適だと思います。

ただし、ルート上には山小屋やトイレが無いので、飯縄登山口でトイレを済ませておいたほうが良いでしょう。

飯縄登山口(駐車場)




飯縄登山口に着いたは午前9時頃だったのですが、この日はゴールデンウィーク真っ只中ということもあって、既に満車状態でした。なんとか車一台停められそうな隙間を見つけて停めましたが、余裕をもって早めに着たほうが良かったですね・・。

この駐車場には綺麗なトイレも設置されていますので、登山の身支度を整えるには最適です。




駐車場の脇にあった飯縄山周辺の地図です。今回は南登山道から山頂に向かいます。

飯縄山山頂付近にトイレのマークが付いていますが、よく見るとトイレではなく「トイレブース」とのこと。携帯トイレを持って無いと使えなさそうです。




出発してしばらくは整備された道を通って一の鳥居登山口のほうまで向かいます。

天気はまさに登山日和といった感じで、新緑の緑もキラキラいしていて最高です。気温もちょうど良かったです。

一の鳥居




一の鳥居登山口付近になる一の鳥居。ここからは本格的な登山道になってきます。



標高の低いところでは新緑を眺めながら、陽射しで明るい登山道をのんびりと登っていきます。特に危険個所もありません。

十三仏縁起




飯縄山の登山道には「十三仏縁起」と呼ばれる13体のお地蔵様が設置されています、13の仏をひとつずつお参りすることによって、悩みごとが解消され、願い事が叶うとされています。




とうわけで、13体のお地蔵様をすべて写真に収めようと頑張ったのですが、結局全部見つけることはできませんでした。けっこう周りに注意しながら歩いていたつもりだったのですが、見つけにく叔お地蔵様もあるようです。




登山道の脇で見かけたオシャレな丸太のベンチ。




標高が上がってくると、急な登りも出てきて息があがります。


駒つなぎの場




駒つなぎの場と呼ばれるちょっとした広場です。休憩ポイントとして使えそうな場所でした。




空を見上げると真っ青な空が。登っているとだんだん暑く感じるようにもなり、雰囲気はもう夏山です。




さらに標高を上げていくと登山道がドロドロにぬかるんできました。おそらく雪解け水のせいでぬかるんでいるんでしょう。

やや滑りやすい箇所もあったので少し慎重に進んでいきます。




森林限界を超えたのか、高い木はなくなり、視界が開けてきました。




西登山道分岐




西登山道分岐に着くと、多くの方が休憩していました。そして多くの子供連れのグループともすれ違いました。

やはりゴールディンウィークだから、家族レジャーとして飯縄山を楽しんでいる方たちがたくさんいますね。


南峰




ようやく頂上に着いた!と一瞬思ったのですが、ここは山頂手前にある南峰でした。

たくさんの方がお昼休憩してるし、いかにも山頂っぽい雰囲気があるので、間違える人が多そうです。




そして、飯縄山山頂はここからさらに20分ほど行ったところになります。




山頂までの道がこちら。雪がまだたくさん残っていました。

特にアイゼンが必要なレベルではないのですが、それよりも雪解け水のせいで道がドロドロになっている場所が多く、それに苦しめられました。他のみなさんも靴がドロドロになりながら苦労している様子でした。


飯縄山山頂




そしてこれが飯縄山山頂です。飯縄山は360度どこを見ても素晴らしい景色が広がっています。




北アルプスの山並みもしっかりと見ることができました。望遠レンズを持ってきてなかったので、中途半端な写真しかとれませんでしたが・・。




こちらは長野市方面。

山頂付近は風が吹いていたこともあり、その辺に座って休んでいるとすぐ寒く感じるような状況でした。のんびりと休憩したいのであれば、ジャケットや防寒着はあったほうがいいですね。

自分は軽くお昼休憩を済ませて、そそくさと下山を開始しました。




下山の時に撮った一枚。登っている時には気づかなかったのですが、登山道からも北アルプスなどの絶景を見ることができます。




下りはいつもトレランしている時の癖で、所々走ってしまいました。気持ちい道はつい走りたくなるんですよね・・。

というわけで、標準コースタイム5時間のところ、3時間で歩ききることができました。

天気が本当に良くて、それも最高だったのですが、登山道は子供でも歩けるぐらい歩きやすいですし、景色も良くて登山にはピッタリな山なんだという印象を受けました。今度は別ルートからも登ってみたいです。




コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > GWに残雪の飯縄山を歩いてきた

検索
フィード
メタ情報

Return to page top