Home > 夏フェス関連 > フジロックフェスティバル2011 3日目の感想

フジロックフェスティバル2011 3日目の感想

FUJI ROCK FESTIVAL’11

3日目(2011/07/31)

フジロックも3日目とうことでだいぶ体も慣れてきてライブに望む体制も万全になってきました。この日は個人的にお目当てとしてるバンドも多くすごく楽しみでした。
 

 
THE KILLS 14:00~
 
実は今年のフジロックで一番楽しみにしていたバンドがこのキルズ。何年も前から来日を待ち望んでフジロックの出演がきまった時は本当に嬉しかったです。そんな多大なる期待の中でライブが始まるのを待っているとステージ裏でヴィヴィとホテルがキスしまくっていました。おいおい、と思いながらすぐさまライブスタート。やはりライブ中の彼らは本当にかっこよかったです。音楽性もさることながらこのバンドはヴィヴィとホテルの人としてのかっこよさにも惹かれるものがあります。
 
 
FEEDER 15:50~
 
あまり予備知識がなかったのでグリーンステージ後方で見てましたがなかなか良かったです。神曲なんて言われることもある”Buck roger”はまさに神曲といった感じでかっこよかったです!最後にタカさんが震災のことについて語りINORANと細美武士が登場、さらにニルヴァーナ熱唱とうことで最後は会場全体が凄まじく盛り上がってました。
 
 
MOGWAI 17:30~
 
完全に苗場がモグワイ一色に染まってました。彼らの世界観はほんとに引き込まれるし一度はまると抜けられない中毒性を持ってます。ライブはニューアルバム”Hardcore Will Never Die, But You Will”からの曲が中心でしたが、このアルバムの完成度が非常に高いためライブも期待以上に良かったです。特にニューアルバムからの曲”Rano Pano”は個人的にドストレートな曲で演奏が始まった時には涙が出そうになりました。
 
 
YELLOW MAGIC ORCHESTRA 19:20~
 
自分はいつも洋楽ばかり聞いてるのでYMOがどんな感じなのか全然知らなかったのですが、実際にライブが始まってみると尋常じゃないほどかっこいいおじさん達に驚かされました。日本にはまだこんなかっこいい才能に溢れた人達が残っていたんですね。
 
 
THE CHEMICAL BROTHERS 21:30~
 
ステージ前方ブロックで見ようと前方まで行くとすごい人、人、人でした。なんとか前方ブロックに雪崩込み開園を待っているとステージ上では大きな円筒形が設置され期待感はさらにアップ。ライブが始まると派手な演出と共にヒット曲のオンパレードといったような神がかったセットリストで、いい意味でかなり振り回されました。ケミカルブラザーズは去年のビッグビーチフェスティバルでも見ているのですが、その時はDJセットだった為アルバム収録曲をほとんど聞けず消化不良でした。そして今回は大満足でした。
 
 
THE MUSIC 23:40~
 
今年のフジロックのベストアクトと言っていいぐらい最後に相応しい最高に美しいライブでした。これを期に解散する彼らの熱意や緊張感がギンギンに伝わってきてオーディエンスも3日目のラストなのに全く疲れを見せずすごい熱気。自分は前方ブロック右側で見ていたのですが、まさかのモッシュサークル出現で人が入り乱れてての凄まじい盛り上がりでした。特に最後の”The People”は他のオーディエンスと共に我を忘れて騒ぎまくりました。あのモッシュサークルを体感した人はホントに幸せだったと思います。
 
フジロックの最後に一番最高なThe musicのライブを見れて、体から溢れるぐらいの充実感と共に今年のフジロックは終わりました。
 
フジロック期間中はほとんど晴れることはなく天気には恵まれませんでしたが今年も最高の体験ができましたと思います。以上
 



他のフジロックの感想記事


・フジロックフェスティバル2015の感想
・フジロックフェスティバル2014の感想
・フジロックフェスティバル2013の感想
・フジロックフェスティバル2012の感想
・フジロックフェスティバル2010の感想




コメント:0

Remember personal info

Home > 夏フェス関連 > フジロックフェスティバル2011 3日目の感想

検索
フィード
メタ情報

Return to page top