Home > 洋楽ネタ

洋楽ネタ

エミネムの新曲が素晴らしい

Recovery

エミネムの新曲が著しく素晴らしい。 \"read

Orianthiはオリアンティ

Believe

この子、オリエンティと読むのかと思ったらオリアンティと呼ぶらしい。なんと紛らわしいことか。 \"read

Passion Pitがサマソニにやってくる

!マナー(期間生産限定盤)

Passion Pitが今年のサマーソニックへやってくる。 \"read

The Fratellisの解散について

Costello Music

http://www.nme.com/news/daily-gossip/50780

フラテリスが解散してしまうらしい。

あのファースト・アルバムをはじめて聞いたとき、文字通りヘビーローテーションしていた頃を思い出して寂しくなった。ファーストは一曲目からキャッチーでノリのいい曲がこれでもかと言わんばかりに続き、当時は彼らが大好きだった。

その後セカンドアルバムが発表され、ファーストのようなノリの良い曲が全然無くて拍子抜けしてしまったが、行った単独公演ではセカンドの曲が案外ライブ栄えしていていいアクセントになっているなと感じたのをよく覚えている。

寂しい限りだが、元ネタを読んでると完全な解散でもないのかなぁ。。なんて気楽に思ってる。ブラーだって、リバティーンズだって復活したもの。フラテリスだってまた復活するだろう・・

と、願っている。

Costello Music
Costello MusicThe Fratellis

Interscope 2007-03-13
売り上げランキング : 18650

おすすめ平均 starstarいいものに出会えました。
star久々にヘビロテにしたいCDを手にしました
star兎に角…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

MGMT、セカンドのレビュー

コングラチュレイションズ
以下、ディスクレビュー
まず、色んなところで言われている事だが前作の「Kids」や「The Youth」のように聞きやすい曲はない。個人的に前作は好きだったので、その要素がなくなって残念な気もあるが、彼らはセカンドでよりロックを解体し、アーティスティクな方向へと進んでいる気がする。
ただし、セカンドになっても彼らの独創得なあの世界観は全く変わっていないと思う。いままでのMGMTでありながらも、よりサイケで芸術的な曲が多い。たとえば、「Brian Eno」「Flash Delirium」なんかは比較的聞きやすく、いかにもMGMTの世界観を表していると思うし、「I Found A Whistle」の後半のたたみかけはまさに芸術だと思う。
まだ2、3回通して聞いたぐらいなので掴みとれていない所もあるが、曲の構成や音の使い方が無駄に独創的なので聞けば聞くほど発見があるんじゃないだろうか?音楽誌や音楽情報サイトでは先月ぐらいから早々と傑作だと騒いでいたが、いやはや本当にすごいアルバムだと思う。”傑作”という言葉になんの誇張もない。
このブログを書いているのは16日、
明日、4月17日にはMGMTがアメリカのロックフェス、コーチェラへ出演する。
今年のコーチェラはとんでもなく豪華であり、MGMTもちゃっかり出演するところが憎い。いったい、ファーストの曲とセカンドの曲をどう織り交ぜて演奏するのだろうか?たぶん・・・凄まじいだろうな。18日にはYoutubeに動画がアップされたら違法だろうがなんだろうが見てみたい・・・
まぁ、フジロックでちゃんと見るつもりだけどね。
コングラチュレイションズ
コングラチュレイションズMGMT

おすすめ平均 stars好きだ
starsこれは・・
stars本物のサイケの再来。
stars待っていた。
starsMGMT

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

The Libertines復活、海外フェスに出演

Up the Bracket
リバティーンズが復活した。
http://www.nme.com/news/the-libertines/50432
ピート・ドハーティがヤク中で、ラリパッパのままもうリバティーンズの復活はないんじゃないかと思って矢先にこの朗報。
すでに、リーズ・リディングフェスティバルの出演が決まっているようで、サードアルバムの製作をも期待してしまう。
ただ、
それにしてもリディングフェスティバルのラインナップが凄まじいな。↓
http://www.readingfestival.com/
アーケイドファイヤにBlink-182。ほかにも名前を挙げてたらきりがないほど豪華なラインナップである。日本のフェスは大丈夫なのだろうか?フジロックに関しては旬なアーティストが揃ってきた印象を受けるのだが、サマーソニックに関してはまったく見えない。
さらに本日付で噂されていたKISSの出演が公式サイトにて正式にキャンセルになったと発表された。サマーソニックに関しては国内外のフェスと日程が被り、ブッキングに難航するだろうとは思っていたが、現時点ではどうしても悲観的になってしまう。
どうなる?サマソニ!?

Orianthi/オリエンティを知った

Believe

オリエンティがやばい。

サマーソニックの出演者第一弾に名前があったので、誰だろうと調べてみたのだけど、公開されていたYouTubeの動画を見てビックリ。かわいいルックスからは想像もできないぐらいのギターテクニック。衝撃を受けたね・・・
今年のサマソニはラインナップが現状で混沌としていて全体像がなかなかつかめないが、見たいアーティストがひとつ増えたかも。

Orianthi – According To You


なんか「マイケルジャクソン THIS IS IT」にも出演したのだとか?なので今、けっこう話題になっているのかな?よく知らないけど。
以下のサイトにバイオグラフィが載ってます↓
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/orianthi/bio.html

Believe
BelieveOrianthi

Geffen Records 2009-10-26
売り上げランキング : 330

おすすめ平均 starstarなかなかいい!
starかっこいいギターヒーローIN^^
star曲はいいが・・・注意点付き

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プラスチック・ビーチの感想

Plastic Beach
溢れる音の多様性とでもいうか、ロックアルバムとは思えないぐらい多種多様のサウンドに溢れている気がする。
全体を通して聞いた感想は、聞きやすくすぐ耳に残るようなサウンドはほとんど無いという事。ファーストやセカンドに関しては、いかにもシングル曲らしい曲がいくつかあったが、今回はかろうじて”ステイロ”ぐらいだろうか?ただし、聞いていてつまらないかというと全く逆で、もの凄い聞き応えのあるアルバム。
多くのアーティストとコラボしているので、色んな曲が出来上がるのは当然だと思うが、コンセプトアルバムじゃないか!?と思うぐらい、アルバムの世界観は統一されていて、圧巻の一言。その上で、どの曲もゴリラズらしいサウンドで。ぜひ、アルバムを買って、アルバムを全体を通して聞いてほしい。
こういうアルバムは珍しい。
デーモン・アルバーンは天才かもしれない。
Plastic Beach
Plastic BeachGorillaz

おすすめ平均 stars2010ベスト盤!って、気が早いですか!?
stars聞けば聞くほど
stars矛盾を可能にするデーモンマジック
stars最新型、体験型作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Uffieという新人がおもしろい

Pop the Glock [12 inch Analog]
この新人が気に入った。
名前はユフィーとでも読めばいいのだろうか?よく分からないが、エレクトロなポップサウンドが卓越である。2009年はレディ・ガガやリトル・ブなど多くのポップなアイコンが登場したが、彼女のサウンドは今流行のエレクトロでポップなサウンドにラップを上乗せしたような感じ。とても心地よいリズムでダンスミュージックとしての一面もあるかもしれない。
以下に動画を載せておきます。
いまはフランス在住だそうで、フランスっぽい?感じのセクシーなPVもなかなかのもの。2006年にすでにデビューしているが、ファーストアルバムは今年の春に発売される。
Uffie – Pop The Glock

Pop the Glock [12 inch Analog]
Pop the Glock [12 inch Analog]Uffie


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

primal scream × screamadelica

スクリーマデリカ
プライマル・スクリームがロンドンでスクリーマデリカライブを行うらしい。↓のリンクより。まぁ、スクリーマデリカライブってなんなんだよ?って話なのだが、たぶんスクリーマデリカ収録曲をがんがんやってくれるライブでしょう、、、たぶん。
http://www.nme.com/news/primal-scream/49796
これさ、
日本でやってくれないのかな?
プライマル・スクリームの代表作といえばこの”スクリーマデリカ”。個人的には”エクスターミネーター”や”ビューティフル・ヒューチャー”のほうを好んで聞いているんですが、やっぱ、プライマル・スクリームの原点といえば”スクリーマデリカ”だろうね。
ロンドンまで見に行きたい。
フレイミング・リップスがピンク・フロイドの”狂気”をライブで完全再現して、6月にどっかのフェスでも”狂気”の再現ライブを行うそうだが、名盤とされるアルバムをライブで丸々聴くっていうのもとても面白そうである。
スクリーマデリカ
スクリーマデリカプライマル・スクリーム

おすすめ平均 starsアシッド・ハウスとルーツ・ロックの見事な融合

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ホーム > 洋楽ネタ

検索
フィード
メタ情報

Return to page top