Home > 夏フェス関連 | ライブレポート > フジロックフェスティバル2014の感想など

フジロックフェスティバル2014の感想など

毎年のことですが、今年ももちろん行ってきましたFUJI ROCK FESTIVAL ’14。最初の2日間はうだるような炎天下で、いい意味で夏フェスを満喫することとなりました。3日目は小雨がぱらつくフジロックらしい天気でしたが大雨になることはなく、今年は比較的過ごしやすかったです。

さて、そんなフジロックの感想をだらだらと以下に書き記していこうと思います。


DSC08371


2014.07.25 (1日目)

THE LUMINEERS

今年のフジロックでまず最初に観たのがこのTHE LUMINEERSでした。ライブパフォーマンスは予想通りに素晴らしく、カントリー風の音楽に酔いしれることができました。ただ、ライブの中盤で観客の中に乱入して歌ってくれたり、アーコディオン奏者はPAの柱の上で演奏してくれたりと、予想を裏切るようなサプライズもあって会場を大いに沸かせていました。去年はSKINNY LISTERやMUMFORD & SONSなどのカントリー系のバンドが来ていましたが、最近はカントリー系のバンドが激熱な感じです。



DSC08600


DSC08592



HUNTER HAYES

日本での知名度はまだそこまで高くないのか、グリーンステージの客入りはそこそこといった感じでした。”Everybody’s Got Somebody But Me”を一緒に歌おうと煽っていましたが、大合唱にはならないという少し空回りな一面も。ただ、ステージを縦横無人に駆け回って会場を盛り上げようとする姿は素敵でした。あと、ベースのおっさんがダサいTシャツにバンダナ巻いて表情豊かに演奏していましたが、その姿はまさに80年代からやってきた売れないメタルバンドといった感じでした。ベースのおっさん面白かったです。



DSC08415



TEMPLES

サイケデリックなロックが好きな自分としてはかなり楽しみにしていたバンドでしたが、そのサイケデリック感はライブでも十分に表現されていて思う存分楽しむことができました。ライブ自体はとても良く、バンドとしての勢いも感じることができたのですが、何か特別に感じるものは無かったのでまた今後に期待したいところです。



DSC08443



FOSTER THE PEOPLE

SUMMER SONIC 2012で一度彼らのライブがとんでもなく楽しいことは重々承知していたので、今回も高い期待を寄せていました。特に今回はセカンドアルバムからの楽曲がいい味を出していました。個人的にセカンドでは若干ポップさが薄くなったと思っていたのですが、楽曲のセンスの良さはより増しているせいか、ライブで聴く曲はどれも素晴らしかったです。そして、前回のライブでは一番最後に”Pumped up Kicks”で締めていましたが、今回の締めは”Don’t Stop”でした。会場では大合唱が巻き起こり、最高の締めとなりました。



BOMBAY BICYCLE CLUB

FOSTER THE PEOPLEを最後まで見てからレッドマーキーに移動したので途中から観てきました。
ただ、”Feel”や”Carry Me”など新譜からの楽曲を聞けたので大満足でした。(実は昔の曲はあまり聞き込んでなくて、今年のアルバムからハマッた者なので)もちろん、新譜以外の曲でもけっこう良さそうなのがあったので、昔の曲も色々と調べて聞き込んでみようと思います。



DSC08759



DISCLOSURE

随分前からアルバムを聞き込み、YouTubeにあがってるフルライブ映像を見て、今年一番楽しみにしていたのがこのDISCLOSUREでした。会場には外国人の方がとても目立ち、海外での人気の高さを感じました。ライブが始まれば国籍など関係なく、観客みながその繰り出される音に酔いしれているようで、個人的には改めて彼らのセンスの高さに驚きつつ、流行最先端の音楽に触れられているんだという気分にひとり浸っていました。



FRANZ FERDINAND

昔からなんとなく聞いていたぐらいのバンドで、正直そこまで好きではなかったのですが、去年リリースのアルバム「Right Thoughts, Right Words, Right Action」がかなり気に入っていたので、今年のフジで初めて観ることにしました。感想は、ものすごい安定感のあるバンドといった様子で、”Do You Want To”や”Take Me Out”などのアンセムでの盛り上がりは最高でした。ヘッドライナーの割には凝ったステージセットもなく、ステージ後方に映し出される映像もシンプルで、ちょっと拍子抜けした点もありましが、それを差し引いてもとても楽しいライブでした。



DSC08860



JUNGLE

フジのアーティスト発表の時に気になって調べてみて、たまたま聴いた”Busy Earnin”から好きになった人たちでした。聴いたのはだいぶ疲れていた深夜0時からでしたが、そのコーラスの美しさに癒されました。ほんとコーラスに関してはライブで聴いていてもとても透明感があって素晴らしかったです。



DARKSIDE

YouTubeで観たライブ映像がものすごく良くて絶対観ようと思っていたのですが、時間が深夜1時45分スタートだったこともあり、疲労のため観るのを諦めました。キャンプサイトに戻ったときにレッドマーキーからDARKSIDEの音源が少し漏れたのを聴いただけです。今になって後悔しています。





2014.07.26 (2日目)

THE INSPECTOR CLUZO

もともとライブに定評のあるバンドとは聴いていましたが、まさに純粋に音楽を楽しむ事のできる素晴らしいライブでした。腰をクネクネと振るドラムのマシューと、何度も何度も「ファッキンドラマー」と発するローレントとの掛け合いも最高で、観客をステージに上げて行っていたパフォーマンスも観客の大きな笑いを誘っていました。朝一のライブでしたが、十分に楽しませてもらいました。



DSC08356



THE HEAVY

THE INSPECTOR CLUZOを見た後にそそくさとグリーンステージに移動して、今度はTHE HEAVYを鑑賞。ちょうど強い日差しが差し込む炎天下の中でのステージでしたが、純粋にカッコイイと思えるライブでした。特に”Same Ol”でかなり盛り上がったなと感じていたのですが、ペプシのCMで使われていたんですね・・。後で知りました。



DSC08446



ウルフルズ

今年のフジロックの中で見た唯一の邦楽バンドですが、名曲ばかりで嬉しい驚きが何度もありました。正直、ウルフルズの曲をCDなどできちんと聴いた事はなかったのですが、”ガッツだぜ!!”、”バンザイ ~好きでよかった~”、”いい女”、”ええねん”などなど、聴きなれた曲ばかりでウルフルズの凄さを肌で実感させられました。自分は普段、邦楽をほとんど聴かないのですがフジロックからの帰宅後にさっそくウルフルズの曲をi-Podに入れてしまいました。



DSC08973



THE QEMISTS

サマーソニック09で観て以来、2回目のTHE QEMISTSでしたが前回観た時に比べて、まずボーカルが若いお姉ちゃんから厳ついお兄ちゃんに変わっていました。ボーカルの盛り上げスキルが格段に上がっていたこともあり、会場はもの凄い盛り上がりでモッシュサークルも出現していました。Beastie Boysの”Fight For Your Right”のカバーも凄く良かったです。今年の夏には新しいアルバムも出るようで楽しみです。



DSC08484



BIFFY CLYRO

個人的な今年のフジロックのベストアクトは?と聴かれたら間違いなくBIFFY CLYROでしょう。BIFFY CLYROは何年も前から大好きで聞き込んでいたこともあり、何年も来日を待ちわびていたバンドだったので、思い入れもひとしおでした。特にアルバム「Only Revolutions」からの楽曲は名曲ばかりで最高でした。スリーピースバンドながら、その音のスケール感は凄まじく、常に圧倒されました。ステージを激しくサイモン・ニールも最高にかっこよかったです。

以下、BIFFY CLYROのセットリスト

1 Different People
2 That Golden Rule
3 The Captain
4 Sounds Like Balloons
5 Biblical
6 God & Satan
7 Whorses
8 Bubbles
9 Black Chandelier
10 Living Is a Problem Because Everything Dies
11 Many of Horror
12 Woo Woo
13 Stingin’ Belle
14 Mountains



DSC08756



ARCADE FIRE

アーケイドファイアもビッフィ・クライロと同じく何年も来日を待ち望んだバンドでした。去年はアルバムの発売時期を鑑みて、フジロック2013に出演してくれるのではないかと期待していたのですが、結局出演はなく半ば諦めていたところでもあったので、今年フジロックの会場で見れたのは本当に嬉しかったです。自分が一番大好きだった曲、”The Suburbs”の時は特に感激しました。そして、アーケイドファイアといえばいつも一番最後に演奏する”Wake Up”が有名ですが、フジロックの会場でも凄まじいい大合唱が起こり、本当に素晴らしいフィナーレとなりました。

以下、ARCADE FIREのセットリスト

1 Reflektor
2 Flashbulb Eyes
3 Neighborhood #3 (Power Out)
4 Rebellion (Lies)
5 Joan of Arc
6 The Suburbs
7 The Suburbs (Continued)
8 Ready to Start
9 Neighborhood #1 (Tunnels)
10 We Exist
11 No Cars Go
12 Haiti
13 Afterlife
14 It’s Never Over (Oh Orpheus)
15 Sprawl II (Mountains Beyond Mountains)
16 Rydeen
17 Normal Person
18 Here Comes the Night Time
19 Wake Up



THE BLOODY BEETROOTS

今年の個人的ベストアクトはビッフィ・クライロだとして、2番手はこのTHE BLOODY BEETROOTSです。エレクトロやレイヴ、パンクをミックスしたような過激なサウンドで、まさに好みだったというのもあるのですが、深夜のレッドマーキーの異常なまでの盛り上がり方もすごく良かったです。サウンドだけでなく、ライブパフォーマンスも素晴らしく、最後は1回終わったように見せかけて客が帰りかけたところでもう何曲か披露するといったサプライズもありました。



DSC08921



2014.07.27 (3日目)

OK GO

このOK GOについては、他で観たかったJOHN BUTLER TRIOとタイムテーブルが丸被りしていたこともあり、半分だけ観させてもらいました。半分だけとはいえ、今年発表された新曲「The Writing’s On the Wall」が聴けただけでも大満足でした。「The Writing’s On the Wall」は今までのOK GOの曲の中でも一番好きかもしれません。



DSC09158



JOHN BUTLER TRIO

OK GOを半分だけ観た後に、すぐにグリーンステージに移動してJOHN BUTLER TRIOを最後までみました。そして、なんといっても彼らの代表曲”Ocean”がとてもやばかったです。ギターがめちゃくちゃ上手いですし、曲の雰囲気がフジの雰囲気とも絶妙にあっていて、観客みなが耳を立てて静かに聞き入っていたのも印象的でした。夕方にMTVの小さなブースでも見させてもらいましたが、そっちのほうが近くで観れて良かったです。



THE PAINS OF BEING PURE AT HEART

ピッチフォークやNMEでのベスト・アルバムに選ばれるなどかなり実績のあるバンドようで、事前にYouTubeで何曲か予習していました。確かにインディー・ポップらしくて良い曲もありましたが、全体的に印象派薄かったです。もっと聞きこまないと良さが分からないのかもしれません。



DSC09183



SBTRKT

猿なのかハクビシンなのかよく分からない動物のオブジェがステージ上に現れ、異様な雰囲気のなか始まったライブでしたが、サウンド自体のセンスが光るなかなか良いライブでした。特に大きな盛り上がりがあるわけでもなく、みな大きく体を揺らして踊ってるわけでもありませんでしたが、独特なサウンドをみなじっくり聞いているようでした。



DSC09216



THE FLAMING LIPS

ライブ開始早々に紙吹雪が盛大に舞うなど、安定した盛り上がりを見せてくれました。きのこや宇宙人などのよく分からない着ぐるみが登場したり、定番のボールの中に入って転がるのをやってくれたり、まさにリップスらしい面白いライブでした。特にウェインは筋肉スーツみたいな衣装で股間にフリフリを付けているという斬新さでした。もちろん、パフォーマンスだけでなく”Race for the Prize”や、”Do You Realize??”などの名曲たちも最高で美しかったです。

以下、THE FLAMING LIPSのセットリスト

1 The Abandoned Hospital Ship
2 She Don’t Use Jelly
3 Yoshimi Battles the Pink Robots, Pt. 1
4 In the Morning of the Magicians
6 The Golden Path
7 (The Chemical Brothers cover)
8 Feeling Yourself Disintegrate
9 Race for the Prize
10 Vein of Stars
11 Look…The Sun Is Rising
12 The W.A.N.D.
13 Try to Explain
14 A Spoonful Weighs a Ton
Encore:
15 Do You Realize??
16 Lucy in the Sky With Diamonds



LORDE

リップスが終わってすぐにレッドマーキーに移動したのですが、すでにレッドマーキーには多くの人が押し寄せている状態でした。そして、会場全体がロードの凄まじいオーラに包まれていた雰囲気に驚きました。到底17歳とは思えない、貫禄、マイクパフォーマンス、そして声。純粋にライブを楽しませてもらっただけでなく、何か凄まじいものを観ているんだという気持ちにもなりました。これが本当の”大型新人”というやつなのかもしれません。



DSC08271



JACK JOHNSON

都内のオシャレなカフェではだいたいジャック・ジョンソンが流れているという異名もある彼ですが、やっぱりライブはどこかオシャレで落ち着く、そんなのんびりとした雰囲気が心地良いライブでした。途中でジョンバトさんがサプライズ出演したのもよかったです。

以下、JACK JOHNSONのセットリスト

1 Flake
2 Taylor
3 Sitting, Waiting, Wishing
4 You and Your Heart
5 Radiate
6 If I Had Eyes
7 Bubble Toes
8 Not Fade Away (The Crickets cover)
9 Mudfootball
10 Wasting Time
11 I Got You
12 Breakdown (with John Butler)
13 Upside Down
14 Tape Deck
15 Banana Pancakes
16 Shot Reverse Shot
17 I Wanna Be Your Boyfriend (Ramones cover)
18 Rodeo Clowns (G. Love & Special Sauce cover)
19 Who Do You Love? (Bo Diddley cover)
20 Staple It Together
21 Good People
22 Better Together



OUTKAST

ジャック・ジョンソンを観終わった後にそそくさとホワイトステージに移動して、OUTKASTを何曲か楽しみました。好きだった曲”Roses”も聴けて大満足です。ただ、ビッグ・ボーイのほうがだいぶ太って別人のようになっていました・・。



THE POGUES

実際にはほとんど曲を知らなかったのですが、いかにもフジロックらしいノリ良い曲の連発で、なんだかんだで凄く楽しめたライブでした。ただ、ボーカルの滑舌の悪さは圧倒的で、近くにいた外国人の方もボーカルがしゃべる為に大爆笑していました。日本人でもあれはヤバいと思うレベルの滑舌なので、外国人の方にとっても相当なものなのでしょうね。あと、滑舌だけでなく嗚咽もなんどもあげていたので激ヤバです。ライブはフジロック2014に相応しい最高なものでしたが。




他のフジロックの感想記事


・フジロックフェスティバル2015の感想
・フジロックフェスティバル2013の感想
・フジロックフェスティバル2012の感想
・フジロックフェスティバル2011の感想
・フジロックフェスティバル2010の感想




コメント:0

Remember personal info

Home > 夏フェス関連 | ライブレポート > フジロックフェスティバル2014の感想など

検索
フィード
メタ情報

Return to page top