Home > 洋楽PV集 > 日本で撮影された洋楽のPV集 part2

日本で撮影された洋楽のPV集 part2

以前このブログで紹介した「日本で撮影された洋楽のPV集」の第二弾です。

今回も自分の知ってるPVの中などから日本で撮影された洋楽PVを集めてみました。今回もやはり渋谷など日本の中心街がでてくるものが多いです。

前回の記事はこちら:「日本で撮影された洋楽のPV集」part1

Ash – Kamakura

イギリスのバンド、アッシュが日本の鎌倉を舞台に撮影したミュージックビデオ。しかも日本が舞台となっているだけでなく吉本の芸人さん達が多数出演したことでも注目を集めたPVで、ダイノジ・大地や稲垣早希などお笑いファンでも楽しめるマニアックな芸人さんが多く出演しています。ちなみに出演している芸人さんは金座銀座、BAN BAN BAN、げんき~ず、R藤本、カートヤングなど。

Beastie Boys – Intergalatic

ビースティ・ボーイズが製作したのは日本を舞台にした特撮映画風のミュージックビデオ。明らかに駅の中でゲリラ撮影したかのような周りの人たちの冷ややかな目線と、衣装から演出までことごとくチープなのが印象的です。

Kanye West feat. Daft Punk – Stronger

ヒップホップ界の超大物、カニエ・ウェストが2007年に公開したミュージックにも日本が出てきます。新宿や原宿で撮影した町の風景の他に”カタカナ”が使われているのですが「コセロ」や「ストソガ」など何故か意味不明な単語ばかり出てきているのですがわざとなのかただのミスなのかは不明です。ちなみにカニエ・ウェストが去年公開した”All Of The Lights”のPVにも少しだけカタカナが使われています。

Aloha From Hell – Can You Hear Me Boys

すでに解散していますがドイツのバンド、アロハ・フロム・ヘルも日本でPVの撮影を行っています。当時は日本の10代から大きな人気を得ており、PV撮影のエキストラとして一般公募で200人を集めたうえで撮影されました。しかも制服を着てきた方に特典がつけられたため、会場は制服姿の女の子で埋め尽くされたそうです。

Delay Trees – Cassette 2012

フィンランド、ヘルシンキ出身の4人組バンド「Delay Trees」は日本の日常風景などをミニチュア風に見せたミュージックビデオを製作しています。曲もさることながら芸術性の高い作品に仕上がっています。

Jimmy Eat World -A Sunday

ジミー・イート・ワールドが日本で撮影したミュージックビデオはとても異質で、桜の木の下でMacのPCを抱えながらゲリラ撮影されています。正直言って、ミュージックビデオとは思えないほどのクオリティの低さでビックリです。これはこれで面白いですが。

Elastica – Car Song

90年代に活躍したイギリスのエラスティカというバンドのPVで、映画監督としても有名なスパイク・ジョーンズ監督によって製作されています。90年代の日本と安っぽいCGが印象的です。

Ocean Colour Scene – Profit In Peace

上記のエラスティカと同じくブリットポップ全盛期のバンド、オーシャン・カラー・シーンのミュージックビデオです。障子のある部屋などが登場しますが、そこまで日本っぽさは出ていないように感じます。

Kevin Shields – City Girl

スカーレット・ヨハンソン主演、ソフィア・コッポラ監督の「Lost In Translation」の挿入歌となっており、ミュージックビデオも「Lost In Translation」の映像で構成されています。歌はマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのボーカルとしても有名なケヴィン・シールズによるものです。

Atreyu – Lonely

オレンジ・カウンティ出身のメタル・バンドへ「ATREYU」のミュージックビデオで日本の至る所でロケを行っています。中には日本で行ったライブの映像も使われており日本づくしの内容となっています。

El Presidente – Turn This Thing Around

El Presidente – “Turn this thing around” from phil tidy on Vimeo.

グラスゴー出身のバンド、エル・プレジデンのミュージックビデオ。ポップな曲調が特徴的なバンドで、ミュージックビデオのほうも東京の街をウロウロとさまようコミカルな内容となっています。

The Police – So Lonely

70年代~80年代にかけて活躍した大物ロックバンド、ザ・ポリスも日本を舞台にしたビデオを製作しています。浅草線の地下鉄車内や駅構内で撮影したそうですが、周りの乗客たちは全く興味を示すことなく、冷たい視線を向けているのが印象的です。

Queen – Seven Seas of Rhye

最後に紹介するのはクィーンのミュージックビデオです。大部分がライブ映像で構成されており、そこまでミュージックビデオという感じはしないのですが、ところどころ来日した際の映像が織り込まれています。

第1弾はこちら:「日本で撮影された洋楽のPV集」part1




コメント:2

★ 12-09-06 (木) 18:34