Home > 洋楽ネタ > プラスチック・ビーチの感想

プラスチック・ビーチの感想

Plastic Beach
溢れる音の多様性とでもいうか、ロックアルバムとは思えないぐらい多種多様のサウンドに溢れている気がする。
全体を通して聞いた感想は、聞きやすくすぐ耳に残るようなサウンドはほとんど無いという事。ファーストやセカンドに関しては、いかにもシングル曲らしい曲がいくつかあったが、今回はかろうじて”ステイロ”ぐらいだろうか?ただし、聞いていてつまらないかというと全く逆で、もの凄い聞き応えのあるアルバム。
多くのアーティストとコラボしているので、色んな曲が出来上がるのは当然だと思うが、コンセプトアルバムじゃないか!?と思うぐらい、アルバムの世界観は統一されていて、圧巻の一言。その上で、どの曲もゴリラズらしいサウンドで。ぜひ、アルバムを買って、アルバムを全体を通して聞いてほしい。
こういうアルバムは珍しい。
デーモン・アルバーンは天才かもしれない。
Plastic Beach
Plastic BeachGorillaz

おすすめ平均 stars2010ベスト盤!って、気が早いですか!?
stars聞けば聞くほど
stars矛盾を可能にするデーモンマジック
stars最新型、体験型作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




コメント:0

Remember personal info

Home > 洋楽ネタ > プラスチック・ビーチの感想

検索
フィード
メタ情報

Return to page top