Home > アウトドア > OSJ安達太良山トレイルレースに参加してきました【50km : DNF】

OSJ安達太良山トレイルレースに参加してきました【50km : DNF】

OSJ安達太良山トレイルに参加してきました。残念ながら途中でリタイアでしたが、その時の感想を適当に書いていこうかと思います。


大会概要

大会名:OSJ安達太良山トレイル
開催日:2019年9月1日(日)
場所:福島県二本松市岳温泉
種目:10K:約13km、50K:約52km

50Kの部リザルト
出走354名/完走233名(完走率66%)





OSJ安達太良山トレイルは福島県にある安達太良山を何度も登っては下るという過酷さで有名なトレイルレース。距離は約53kmほどでありながら、累計標高は4000mもあり、のんびり走れるような平坦な道はほとんどないというコース設定になっています。

ただ、実際に走ってみてると安達太良山のダイナミックな景観は大変すばらしく、眺めの良い稜線を走っているときは体の疲れが嘘のように消え、走る楽しさに酔いしれました。





公式サイトに掲載されている高低図をみてみると、標高1600mほどの山々を何度も登らなくてはならないハードなコースだということがよくわかります。かつ、エイドは4か所であり、最初のエイドは水だけでした。(そもそもOSJのレースは水だけというのが普通らしいです)

そして、実際に参加してきた私の結果なのですが、ハードなコースに歯が立たず30㎞地点にある第2関門でリタイアしました。もう少し行けた気もするのですが、その次の関門が15㎞先であり、そこまで体力が持たないと判断してのリタイヤでした。自分の未熟さと練習不足を大いに感じたレースとなりました。

というわけで、以下、GoProで撮った写真を交えながらレースの感想を適当に書いていこうかと思います。

大会前日(あだたら体育館)




大会前日はあだたら体育館で10kmの部の完走パーティーと50kmの部の競技説明会がありました。

パーティーでは長机に備えられているビールや日本酒、オードブル系の食べ物をみんなで取り囲むような形式でした。

競技説明会ではコースの写真を使って、コース上の注意点や攻略法みたいなことを伝授してもらえます。にしても、レース開始から20㎞地点までトイレがないというのを聞かされた時は流石に不安になりました。




レースに参加した方には色んなパンフレットに合わせて、参加賞のソックスも貰えました。しかし、色がショッキングピンクだったので日常使いするには難しいかもしれません・・。

その他には、ソースカツ丼のお店「成駒」で使えるサービス券た、付近の温泉の無料入浴券も貰えました。


大会当日(あだたら高原スキー場)




そしていよいよレース当日。ヘッドライトは必要ないものの、薄暗い中からのスタートです。

あと、私は運悪くスタート3分前に太ももをブユに刺されてしまい、痛みと痒みに耐えながらのレースとなってしまいました。ほんとついてないです。




最初は安達太良山への登りが続くのですが、しばらくは長い渋滞が続きます。




安達太良山山頂までは淡々と登っていきます。この頃はまだ体も快調でレースを楽しめてました。




そして振り返るとこの景色。

去年のこのレースは雨で相当大変だったそうなのですが、今年は天気に恵まれました。




コース上には走ってはいけないという「走行禁止区間」がいくつか設けられており、その区間の初めと終わりはこのようにスタッフが教えてくれます。




安達太良山山頂からの景色。この付近では他の選手もスマホなどを取り出して写真をとっていました。




絶景が続くコース。

写真の右側に見えるのはこれから向かう和尚山。




安達太良山を超えると、藪と笹が生い茂った道を進むのですが、ここがきつかったです。

道が細いうえに、写真のように木の枝が登山道にせり出してきているので、ずっと屈みながら進まなくてはなりませんでした。




和尚山へ続く稜線。この稜線はウィンドジャケットが欲しくなるぐらいの強い風が吹き荒れていました。


エイド




最初のエイドステーションは水があるだけの簡易的なものでしたので、水だけ補給してすぐコースに復帰しました。

ただ、この時点で頭から流血している人を二人も見てしまい、このレースの過酷さを肌で感じることとなりました。




途中、川を渡る箇所もありました。上手く石に足を乗せればシューズを濡らさずに進めますが、人によってはここでシューズを濡らしてしまった人もいたようです。




そして、さらに黙々と登り返し、船明神山の山頂付近にたどり着くと、素晴らしい景色が広がっていました。




あまりにもダイナミックな火口の景色。

なんか、この景色を見れただけでもう十分かなと思ってしまいました。けっこう疲れも出てきているはずなのに、こういう景色を目の前にすると疲れが嘘のように吹き飛んで、また元気よく走り出してしまうのでは何でなのだろうか。








この辺りはホントに絶景の連続で、楽しく走ることができました。

第1関門(約20㎞地点)




景色がよかったこともあり、気持ちよく第1関門に到着。着いたのは、関門閉鎖時間の1時間30分前でした。自分の中では予定通りでした。

しかし、予定外だったのはトレイの数。また次の関門まで10km先までトイレがないので、ここで済ませていこうと思ったのですが、トイレが一つしかありませんでした。

案の定、トイレの列に並び始めてから実際に使うまでに30分もかかってしまいました。これはどうにかならないものでしょうか?せめてトイレの数を二つにするだけでも随分違うと思うのですが・・・

そんなこんなで時間を浪費しつつも、提供されていたコーラやバナナで補給を済ませ、次の関門へ出発しました。





第1関門を出発してしばらくすると、沼尻温泉の源泉エリアにたどり着きます。この辺りは硫黄の匂いが立ちこめていました。

そして、ここから胎内岩に続く登りで体調に異変が。

第1関門までは好調だったのに、いきなり強い疲労感が出てきて息も絶え絶えになってしまいました。




ペースが落ちたまま、頑張って進みますが、足の踏ん張りがきかず、転びそうになることもしばしば。この辺りで完走は諦めました。




完走は諦めましたが、第2関門だけは通過しようと目標を変更し、最後の力を振り絞ります。

歩いたり、走ったりを繰り返しながら、美しい木々の中を進んでいきます。

第2関門(約30㎞地点)




そして第2関門の閉鎖時間ギリギリでなんとか第2関門を通過しました。

もちろん、関門を通過したのでこの先に進むこともできたのですが、次の関門は15㎞先であり、そこまで走りきることは難しいと判断し、リタイアを決めました。

いざリタイアしてその場で休憩していると、だんだん体力が戻ってきて自分はまだ行けたのではないか?という考えが頭をよぎったりするんですけどね・・。

まとめ

ハードなレースとは聞いていましたが、実際に参加してみるとどれだけハードなのかというのがよく分かりました。

最近はあまりトレーニングをできておらず、そのせいにしようかと考えましたが、なんか根本的に体力が足りてない気がしてきました。

というわけで、しばらくは長距離レースに出場するのはいったんお休みして、基礎的な体力作りに取り組もうと思います。次に繋がる課題を見つけられだけでも、今回のレースに出場してよかったかなと思っています。

そして、このようなレースに参加して完走できるほどの実力を持っている他の選手たちに尊敬の意を抱きました。本当にすごいと思います。いつかそうなれるように頑張りたいと思います。

オススメの関連ページ




コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > OSJ安達太良山トレイルレースに参加してきました【50km : DNF】

検索
フィード
メタ情報

Return to page top