Home > アウトドア > 美ヶ原トレイルランを走ってきました【80km:DNF】

美ヶ原トレイルランを走ってきました【80km:DNF】

またトレイルレースに参加してきました。今回参加したのは「美ヶ原トレイルラン」の80kmコース。残念ながら完走することができなかったのですが、その時の感想を適当に書いていこうかと思います。


大会概要

大会名:inov8 CUP 第9回 美ヶ原トレイルラン
開催日:2019年06月29日(日)
場所:長野県長和町
種目:90km、80km、45km、15km
(90kmと80kmはITRA国際トレイルランニング協会認定 4ポイント)




大会名だけ聞くと美しい原っぱを走るようなイメージに抱きがちですが、なかなかハードで手強いレースとして有名な「美ヶ原トレイルラン」。今回私は80kmの部門に参加しましたが、そのハードなコースに苦しめられ、約60㎞地点にある長門牧場でリタイヤとなりました。

ハードではありますが、霧ヶ峰、美ヶ原高原、蓼科高原などの国定公園は美しい景観ばかりででした。今年は天気が悪くガスっていることも多かったのですが、晴れれば何度も絶景を味わえたのではないかと思います。

以下、80kmコース図です。(累計標高差3980m)



スタート地点からスキー場を一気に登り、その後は2000m級の山や峠をいくつも超えていきます。そして、難関なのが物見石山から続く標高差1000m以上の長い下り。この下りで足をやられて、その後の和田宿エイドでリタイヤする人が多いという事前情報は知っていたのですが、自分も長い下りで足をやられてしまいました。

また、前日の競技説明会では第3エイドの和田宿で水を多めに補給しておくことを強く進めていました。登りが続く第3エイド~第4エイドまでの区間は距離も長く、途中で水不足に陥る方が多いようです。

この大会では80kmのほかに90kmのコースがあるのですが、累計標高差が1000mもプラスされており、難易度が格段に上がっているそうです。自分にはまだまだ太刀打ちできなさそうですが、来年には100kmコースも計画されているのだとか・・。

大会前日





美ヶ原トレイルランでは前日に受付と競技説明会が行われます。会場であるブランシュたかやまスキーリゾートの隣にある体育館がその会場です。

競技説明会では大会の注意事項のほか、コースディレクターである田中ゆうじんさんコースの説明などが行われました。最初のスキー場では抑えめに走ってとか、牧場の牛には触らないでとか、大会を走るうえでの情報が盛りだくさんでした。

また、今年亡くなった西田由香里さんの旦那さんによる追悼報告会が行われました。この報告会では西田由香里さんが亡くなった山岳事故の解説が行われ、安全に対する意識を否応なしに再確認させられました。




会場の体育館では売店が設置されており、トレラングッズがたくさん売られていました。ザック、シューズ、ウェア、ヘッドランプなど必要なものはすべて売られており、装備を家に全部忘れて手ぶらで来てしまった人でもここで揃えればなんとかなりそうな感じでした。

自分はジェルを何個か買ってしまいました。とくにトレイルバターは前々から気になっていたものの、なかなか買う機会がなかったので購入してみました。レース中に飲んだのですがめちゃくちゃ美味しかったです。味はピーナツバターを舐めているような感じでした。値段は高めなのですが、普通のジェルに飽きてきた頃に飲むと、味が全然違うのでさらに美味しく感じると思います。

大会当日





朝の2時頃にはブランシュたかやまスキーリゾートの駐車場に到着し、準備を開始しました。そして、午前3時には90kmの部がスタートになるので、スタートの模様をちょっと見学です。

90kmに出場する人たちはきっと強靭な肉体をもったすごい人たちなんだろなぁと思いながら眺めていました。





そんなこんなで自分が出場する80kmのスタート時間が迫ってきました。

朝の4時なので辺りはまだ真っ暗。ヘッドランプを点灯させてついにレースのスタートです。





スタートするといきなりスキー場を直登します。体も温まっていない状況なのに、いきなりハードな登りということで、自分を含めて回りの方もすでに息を切らしはじめていました。

本当は抑えて走らなければいけない区間なのに、今思えば周りの選手に流されてオーバーペース気味だったかもしれません。体力に自信のない方はスタート地点で後方のほうに並んでおいて、早い選手に惑わされないようにゆっくり行くのがいいと思います。





スキー場を登り終えるとヤマツツジが咲くキレイなシングルトラックを走ります。ここからようやくトレイルランニングっぽくなってきました。





振り返ると霧ヶ峰の絶景です。





砂利道の林道や林の中を抜けて、黙々と進んでいきます。

少し日差しも出てきて、晴れて暑くなるのは嫌だなぁと考えながらも、日差しが差し込んで美しく輝く木々に目を奪われます。


第1エイド「和田峠」





スタート地点から14kmほど進んだところで第1エイドである「和田峠」に到着です。

バナナやコーラなどをいただき、水も補給させてもらいました。天候は基本的に曇りで気温もそこまで高くなかったのですが、喉は渇くもので、しかっりと水分補給させてもらいました。





和田峠を越えると、三峰山(1,887m)、茶臼山(2,006m)と山を越えていく区間である、晴天であればひたすら絶景を拝める区間らしいのですが、この日は完全にガスっており、何も見えませんでした。

しかも稜線上では強い風と小雨の影響で、体感温度がかなり低く、たまらずレインウェアを着込んで走ることとなりました。





三峰山と茶臼山を抜けると、美ヶ原牧場の敷地内へと入ります。

走りやすいい平坦なロードが続くのですが、ロードが苦手な私はずっと走り切れることができずに歩き気味に。もうすでに疲労が出てきていました。

第2エイド「山本小屋」





なんとか第2エイドである「山本小屋」にたどり着き、ここでは少し長めに休憩を取りました。

そして、このエイドでは体調不良を訴えてすでにリタイヤしている選手たちを何人もみかけました。ハードなコースなんだなと改めて実感しつつ、身を引き締めて先に進みます。





山本小屋を超えると標高差1000mを一気に下ります。ここでいかに体力を残しておくのがレース完走の鍵になるそうなのですが、私はここですでに体力の大半を奪われてしまいました。

長い下りの中で足に痛みが出てしまい、走るスピードが極端に落ち、他の選手にたくさん抜かされました。





下りを抜けて、次のエイドである和田宿を目指します。この頃には走るのも厳しい状況に。トボトボ歩いて少し体が復活してきたら少し走るというのを繰り返してました・・。


第3エイド「和田宿」





息も絶え絶えになりながら、和田宿に到着です。このエイドではどの選手も時間をかけてゆっくりと休息をとっているようでした。





このエイドではそうめんと蕎麦の提供がありました。湯で具合が絶妙で最高においしかったです。何度もおかわりさせていただきました。





エイドの一画には頭から水をかけてもらえる所もありました。天候は曇りでしたが、頭から水をかけてもらって汗などを流すと物凄くサッパリします。





和田宿でゆっくり休んで体を完全にリフレッシュした後、のどかな里山の風景の中をのんびりと走ります。





しかし、そんなのんびりとした雰囲気はつかのま。清水峠で200mの急登が待ち受けていました。

もうバテバテな状態だったので本当にきつかったです。





清水峠をなんとか超えたあとは長門牧場までの長い長い登り登りの林道が待ち受けていました。

ここの区間に差し掛かった頃には雨も降りだし、体力的にもう走ることさえ厳しくなり、次のエイドでのリタイアを確信しました。

ただ前に進むことしか考えられず、写真を撮る余裕さえなくなっていました。





長門牧場の敷地にはいり、これでようやくリタイヤできることへの安堵の気持ちでいっぱいになりました。

いま思い返せば、この時は完走できなくて悔しいなどとは考えておらず、ただひたすらこの苦しみから解放されてゆっくり休みたいという考えばかりでした。


第4エイド「長門牧場」





スタートから約12時間。私にとってのゴール地点「長門牧場」に到着です。

ここで提供されていた飲むヨーグルトが死ぬほど美味しかったです。周りの選手の中には「このヨーグルトを飲むために長門牧場までは頑張った」と話している人さえいました。

というわけで、私の美ヶ原トレイルランは第4エイドの「長門牧場」で幕を閉じました。





長門牧場からは運営のバスに乗ってスタート地点まで戻り、振舞われていたレタス入りのうどんをいただきました。これも最高に美味しかったです。

人間は極限状態で飢えていると何でも美味しく感じるのかもしれない。


まとめ

美ヶ原トレイルランが途中リタイヤという結果で終わり、こうしてブログを書いている今は悔しい気持ちでいっぱいです。

色々と思い返してみると、自分は下りのルートで多くの選手に抜かされたり、足の痛みを感じたりしたことから、下りが苦手なんだと認識することができました。今後は下りの練習量を増やして、また来年にでもリベンジしたい気持ちでいっぱいです。

大きな挫折を味わいましたが、次の目標や自分の弱点を認識することができた大変価値のある経験ができました。トレイルランはやっぱり楽しいですし、奥深いです。

またレースに出たら完走をこのブログに書いて記録を残していこうかと思います。




コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > 美ヶ原トレイルランを走ってきました【80km:DNF】

検索
フィード
メタ情報

Return to page top