Home > アウトドア > 三浦アルプスを歩いてきた

三浦アルプスを歩いてきた

仕事が忙しくてなかなか山に行けていなかったのですが、ようやく仕事も落ち着いたということで、三浦アルプスへ行ってきました。

三浦アルプスは家からも近く、標高も低いので気軽に行けるお気に入りの山です。

今回のルート

横浜駅京急田浦

25分(310円)

京急田浦駅
乳頭山
観音塚
仙元山
葉山公園前バス停

葉山公園前バス停新逗子駅

14分(280円)

新逗子駅横浜駅

27分(310円)

歩行距離:約9.5km
歩行時間:約4.5時間

WS000015

「三浦アルプストレッキングガイド」
http://www.geocities.jp/yokohama94bvs/bs/2014/miuraalpsmap.pdf

今回参考にしたルートは京浜急行が公開している「三浦アルプストレッキングガイド」の3番のルートです。

京急田浦駅

IF

張り切って始発で着てしまったせいで、外は完全に真っ暗でした。

IF

駅前にはほとんど人がおらず、完全に夜です。

IF

そんな夜明け前の中、とぼとぼと住宅地を歩いていきます。三浦アルプスの登山道入り口は住宅地をくねくねと進んでいった先にあるのです。

IF

空が明るくなってきた頃、登山道の入り口に到着。いきなり急な階段を登ることになりますが、階段の一番上からはこんな景色を見ることができます。横須賀の米軍基地もみえました。

IF

この日は超広角レンズ(8-16mm F4.5-5.6 DC HSM)を持ってきていたので、画角が広いです。

IF

まだ薄暗い森の中を若干の恐怖を感じつつ歩いていきます。

IF

スギの木が多いのですが、道端にはシダ植物が茂っていて、なんだかいい雰囲気です。

IF

この時期はいたる所にこの赤い実をつけた木がが生えていました。後で調べたところ、ミズキ科アオキ属のアオキという植物だそうです。

IF

スギの木。

IF

上を見てもスギの木。

IF

歩き出してしばらくすると太陽の光が指してきました。朝の清清しい空気の中をのんびり進んでいきます。

IF

ツバキの花もたくさん咲いていました。こんな真冬でも花を見ながら山歩きできるのはなかなかいいもんですね。

IF

IF

今回のルートはこんな感じで両側を竹でできた道を進んで行くポイントが多いです。

IF

ここも竹でできたトンネルのようなポイント。トトロの世界にでてきそうな道です。

どんぐり並木

IF

三浦アルプスの南尾根に到着。別名、どんぐり並木とも言われており、足元にはたくさんのどんぐりが落ちていました。

観音塚

IF

観音塚に到着です。

IF

ひさしぶりの山歩きで若干バテ気味ですが、仙元山を目指して歩いていきます。この辺までくると、他の登山者ともすれ違うようになりました。山ガールの団体さんや、トレランの人など、意外と人は多かったです。

仙元山山頂

IF

仙元山に到着。家族連れなどですでににぎわっていました。

IF

DSC01685

仙元山からの展望がこちら。この日は天気もよく、素晴らしい眺めでした。

IF

仙元山でのんびりした後は、葉山の街までとぼとぼと降りていきます。途中、ジャングルに迷い込んだかのような景色が。とても2月の真冬の時期とは思えませんでした。

IF

葉山の街まで降りてきました。

森戸海水浴場

IF

せっかくなので少し歩いて海岸のほうへ歩いてみました。のんびり、のんびり、ゆるやかな空間が広がっていました。

動画も作ってみました

今回は適当に一眼レフで動画の撮影も行っていたので、軽く編集してまとめてみました。

三浦半島の関連記事





コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > 三浦アルプスを歩いてきた

検索
フィード
メタ情報

Return to page top