Home > アウトドア > ルナサンダル(LUNA SANDALS)を買ったのでレビューしてみる

ルナサンダル(LUNA SANDALS)を買ったのでレビューしてみる

夏になってサンダルを買おうと、ネットで色んなスポーツサンダルを吟味していたのですが、たまたま見つけたルナサンダルが面白そうだったので買ったみました。

以下、ルナサンダルを買ってみての感想です。


ルナサンダルとは





LUNA SANDALS Venado 2.0

ルナサンダルとは、メキシコの山岳民族が使うワラーチをベースに開発されたサンダルです。

ソールが薄いので、素足で歩いているかのような感覚が得られるのが特徴です。それでいて、ランニングやトレイルランにも使えるという本格派。

自分は普通に普段使いするのと、キャンプサイトや登山のテント場などのアウトドアシーンで重宝するかと思って買ってみました。




ルナサンダルを開封してみる





箱は意外にもすごくオシャレ。




サンダル本体の他に、ステッカーが3つも付いていました。嬉しいけど使い道に困るな・・




サンダルの履き方を紹介した説明書がついていました。ルナサンダルは足のサイズに合わせてベルトの長さを細かく調整することが可能です。




今回購入したモデル「Venado」はソールの裏に深い溝が入っていないモデルになります。また、かかとの部分にはルナサンダルのロゴが付いていました。




汚い足ですいません。実際に履いてみたところです。通販での購入だったのでサイズが合うのか心配していたのですが、ピッタリでした。

サイズについて

自分は普段26.5cmの靴を履いていて、US8(26.5cm)サイズを購入してピッタリでした。

ネットでルナサンダルのレビューなどを調べてみると、普段より小さめのサイズを買ったほうがいいとか、普段より大きめのサイズにしたほうがいいとか、情報がバラバラだったので間を取って普段通りのサイズを購入しました。

どうしてもサイズが心配だという人は、公式サイトから実際のサイズをプリントアウトして合わせる事ができますので、事前にチェックしてみるといいかと思います。

公式商品ページ:http://moonlight-gear.com/?pid=44256135

実際に履いてみて

最初に部屋で試し履きしたときの印象は「軽いし、足にフィットして歩きやすそうだな」という感じでした。

ただ、実際に家をでて街中を歩いてみると、ものすごい違和感でした!道路のちょっと段差やでこぼこがダイレクトに伝わってきて、本当に裸足で歩いているかのような感覚でした。

そして、最初こそは違和感を感じていましたが、それも次第に感じなくなり、不思議と道の感触を感じながら歩くことが楽しくなってきます。決して歩きやすいわけではないのですが、慣れるとやみつきになりそうな感覚です。

自分はまだ数回履いただけですが、ルナサンダルは履けば履くほど足になじんでくるそうなので、今年の夏はどんどん履いて足に馴染ませようと思います。とりあえず、フジロックのキャンプエリア、登山のテント場など、使いたい機会はたくさんあるので今から楽しみです。


ルナサンダルの種類



Venado 2.0

ルナサンダルの種類の中で一番軽くて軽量なのがこのVenado。ソールの厚さは9mmで重量は122gです。ソールが薄いぶん地面の感触がよりダイレクトに伝わってきますので、一番ルナサンダルらしいモデルです。ロードランニングに適したモデルとされていますが、普段使いにも適したモデルです。


MONO 2.0

ソールが15㎜でVenadoより厚みがあり、よりグリップしやすいように溝が彫られています。トレイルランニングに適したモデルになっています。


OSO Flac

高い柔軟性と足裏感覚に優れ、どんな利用シーンにも使えるバランスモデルす。ソールの厚さは12.5㎜で、ソールにはグリップ力を高める溝もついてます。


Origen Flaco

Flacoのモデルをベースに、上質な皮素材を張り付けた上位モデル。履けば履くほど足になじみ、味のある色合いにもなります。街中でもオシャレに履きこなしたい方にオススメ。





コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > ルナサンダル(LUNA SANDALS)を買ったのでレビューしてみる

検索
フィード
メタ情報

Return to page top