Home > アウトドア > 初マラソンで横浜マラソンを走ってきた

初マラソンで横浜マラソンを走ってきた

いままでマラソン大会には一度も参加したことがなかったのですが、軽い気持ちで応募した横浜マラソンに当選してしまったこともあり、初マラソンとして横浜の街を走ってきました。

以下、その感想を適当に書いていきます。



横浜マラソン2018
2018年 10月28日(日)

<種目>
フルマラソン(42.195km)
1/7フルマラソン(6.0278km)
1/7フルマラソン(車いす)
2km(車いす)

前日のランナー受付




初のマラソン大会参加なので、他のマラソン大会がどうなっているのか分からないのですが、横浜マラソンの場合は前日と前々日にランナー受付を済ませないといけないそうで、前日に横浜赤レンガ倉庫で行われていたランナー受付に行ってきました。




ランナーの受付会場では各種イベントも開催されており、多くの人で賑わっていました。




そして、事前に郵送で家に届けられていたナンバーカード引換証と身分証明書を持って受付を済ませてきました。ゼッケンのほかに横浜マラソンのTシャツもいただきました。あとは当日に荷物をクロークに預けるときに使う大きなビニール袋も貰いました。

やはりゼッケンも貰うとついにマラソンを走るんだなという実感がわいてきます。

ここで一応自分のスペックを説明しておくと、普段は登山やトレイルランで月1ぐらいで山を走ったりしているのと、週末に近所を10kmぐらいジョギングする程度で、マラソンはどう走ればよいのか正直よくわかっていません。

というわけで、今回の横浜マラソンは完走することが目標です!

コース(フルマラソン)



http://www.yokohamamarathon.jp/2018/wp-content/uploads/pdf-course-full.pdf

ちなみに、今回走るフルマラソンのコースはこんな感じ。横浜駅付近にあるみなとみらい大橋をスタートし、山下公園、海沿いの工業地帯、そして高速道路の上を走っていくルートになっています。もう何年も横浜に住んでいるので特にこのコースに新鮮さは感じなることはないのですが、高速道路を走るというのは普段絶対にできないことなので少し楽しみでした。

横浜マラソン当日




横浜マラソン当日、メイン会場となっているパシフィコ横浜に向かいます。パシフィコ横浜が朝の6時半会場になっていて、私が着いたのは朝の7時頃でした。そして会場にはすでに溢れんばかりの人でひしめいていました。




会場内の様子はこんな感じ。みなさんそれぞれストレッチしたり朝ごはん食べたりして、これからの準備に励んでいました。

そして、準備で忘れてならないのはトイレを済ませておくこと。朝の7時頃にはトイレに行列ができ初めており、自分もあわててトイレに。7時半ごろになるとトレイの行列は何倍にも膨れ上がっており、並んでたらスタートに間に合わなくなるんじゃないかというレベルでした。

会場でトイレを済ませたい人は早めに会場へ行くことをおススメします。




準備が終わったら荷物をクロークに預けます。クロークはゼッケンの番号によっていくつもブロックが分かれており、スタッフの数も多かったのでまったく並ぶことなくスムーズに完了しました。




荷物を預けたらちょうどいい時間になったのでスタート地点に向かいます。大勢の人が一斉にスタート地点に向かうので、ものすごい行列になっていました。そして、スタート地点まではけっこう歩きます。

この時の服装は半袖に半パンで走り出すまでの待ち時間は少し寒いかなと思っていたのですが、特に寒くもなく大丈夫でした。ただ、ウィンドブレーカーを着ている人もちらほら見かけたので寒がりな方はウィンドブレーカーなど薄手のジャケットを用意してもいいかもしれません。




そして神奈川県知事の黒岩知事の挨拶などがありつつ、ついに横浜マラソンのスタートです。

しかし、私がいたのはGブロックだったのでスタートしてもすぐは全く動かず・・。しばらくしてからノロノロと動き出すような感じでした。

スタート地点であるみなとみらい大橋付近でようやく走れるような状態に。

ようやく横浜マラソンのスタートです。




最初の数キロは周りに人が多いので、周りにぶつからないよう気をつけながら走っていました。とりあえず周りの人と同じようなスピードで走っていたのですが、1km/6分30秒~7分ぐらいのペースだったと思います。




スタート地点から10kmぐらいになるとだんだん回りの人との間隔も開けてきて走りやすくなってきます。




そして、中間地点のあたりから高速道路に入ります。初めての高速道路でちょっとワクワクしていました。




高速道路を走るという初めての経験ですばらくは楽しく走れていたのですが、だんだん足が痛み出してきつくなってきました。

今思えば序盤からペースを上げ過ぎていたようです。よくフルマラソンには30kmの壁があるといわれますが、初めてのフルマラソンでそれを痛烈に実感した瞬間でした。

30kmを超えてからは足の痛みもあり、まともに走れない状態に。少し走っては歩き、少し走っては歩きを繰り返してなんとか前に進みます。




マラソンがこんなに辛いものだとは思いませんでした・・。沿道の声援が本当に励みになります。




残り3kmぐらいの地点からイヤホンをつけて音楽の力を借りることにしました。音楽のおかげが不思議と体が軽くなってなんとか走れる状態にまで回復。

最後のラストスパートは体に残った体力をすべて振り絞ってゴールを目指しました。




そしてついにフィニッシュ

ネットタイムは5時間15分ほどでした。普段トレランで鍛えてたので5時間は切れると思っていたのですが、全然ダメでしたね。序盤に飛ばし過ぎてしまったのと、トレランとマラソンは全然違うものなんだと感じました。

結論:フルマラソンを走り切った達成感は最高でしたが、自分はやっぱ山を走るほうが好きだなぁ。






コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > 初マラソンで横浜マラソンを走ってきた

検索
フィード
メタ情報

Return to page top