Home > ライブレポート > 雪降る夜のParamore来日公演

雪降る夜のParamore来日公演




というわけで言って参りました、パラモアの来日公演。

2010/02/13
新木場スタジオコースト

ちょうど会場に着いた17時頃、ずっと降っていた雨が小粒ながら雪に変わりちょっと情緒的な雰囲気。それにしても会場の外は寒かった・・・。その寒さに反して、会場近くの路上では外人の集団がおかしなテンションで酒をあおっていた。うーん、、嫌な予感。
それはさておき、外のロッカーで凍えそうになりながらもTシャツに着替えてさっそく会場入り。新木場スタジオコーストに来るといつも思うが、このライブハウスはキャパや音質的に最高である。

ただ、

観客にやたらめったら外人が多かった。。

前座が終わり、パラモアのライブは”Ignorance”がスタート。開始と同時にすさまじいモッシュが起こり、いきなりの盛り上がり。
それにしてもヘイリーは小さい。あんな小さいのによくあれだけの声がでるもんだ。しかも、その体系の小ささを感じさせないぐらいパフォーマンスがうまい。終始、ニコニコと笑顔を振りまきながら観客を仰ぐ姿にもうメロメロ。
常に観客から「I love you!」と叫ぶ声が上がっていたような気がする。そう叫んでるのはだいたい外人だと思うが、今回は外人が多くて外人のノリに圧倒されまくってしまった。どうも、外人のノリは明らかに日本人と違う。簡単に言えば自己中心的に楽しいんでいる様子で、日本人のノリには一体感や協調性を感じる。まぁ、どっちがいいのかは知らないけど、自分はどっちかというと自己中心的な楽しみ方をするほうです。

で、

途中、どっかの誰だか知らないけどムチムチの外人に太股をガッ!てつかまれて、持ち上げられて、ダイブさせられました。

絶対、あの外人あほやね。
普通にしてだけなのに、なぜわざわざ持ち上げてダイブさせるんだ??????でも、楽しかった。
そんな感じでライブは進み、やはりアンコールの”Misery Business”、”Brick By Boring Brick”の盛り上がりは凄まじかったね!モッシュサークルもなかなかの危険度!よかった!!!!

以下 セットリスト
Ignorance
Crushcrushcrush
That’s What You Get
Looking Up
Careful
Let The Flames Begin
Let This Go
The Only Exception
Pressure
For A Pessimist, I’m Pretty Optimistic
Where The Lines Overlap
Decode
---------------
Misery Business
Brick By Boring Brick

パラモア、2008年のライブアルバムはこちら

ザ・ファイナル・ライオット
ザ・ファイナル・ライオットパラモア

おすすめ平均 stars「The Final Riot」!!! それは、「究極の衝動」!!!
starsカッコいいです!!
starsFinal Riot!!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




コメント:0

Remember personal info

Home > ライブレポート > 雪降る夜のParamore来日公演

検索
フィード
メタ情報

Return to page top