Home > アウトドア > 八ヶ岳を北から南へ3泊4日でテント泊縦走してきました【前編】

八ヶ岳を北から南へ3泊4日でテント泊縦走してきました【前編】

5月は天気も安定して気温も丁度よく、登山には最適な時期!というわけで八ヶ岳へテント泊縦走へ行ってきました。

今年は5月下旬でも雪残っていましたが、人が少なく静かな山歩きを楽しむことができました。以下、その感想を適当に書いていきます。



今回のルート

1日目

JR横浜駅JR茅野駅

2時間30分(5178円)

JR茅野駅北八ヶ岳ロープウェイ

約1時間(1250円)

北八ヶ岳ロープウェイ
北横岳
大岳
双子池(テント泊)

2日目

双子池
雨池
白駒池
にゅう
黒百合ヒュッテ(テント泊)

3日目

黒百合ヒュッテ
天狗岳
硫黄岳
赤岳鉱泉(テント泊)

4日目

赤岳鉱泉
美濃戸口

美濃戸口JR茅野駅

40分(930円)

JR茅野駅JR横浜駅

2時間30分(5178円)


ルートの全体図


今回は長めに休みが取れたので3泊4日で八ヶ岳を満喫するルートを計画してみました。初日と帰宅する日は移動もあるので短めのルートを設定。当初は横岳や赤岳もコースに入れようとしていたのですが、今年は雪が多く、重いテント泊装備で行くのは不安があったのであきらめました。

雪がない時期で体力のある方であれば、3日目は横岳や赤岳まで進み、行者小屋か赤岳鉱泉に泊まるルートも良いかもしれません。

5月下旬の八ヶ岳は残雪が残っている場所が多くありましたが、天気も安定していて、気温もちょうどよくて最高でした。そして、何より人が少ないので静かな山歩きができたのがよかったです。

1日目

北八ヶ岳ロープウェイ




JR茅野駅から電車に揺られること約一時間。北八ヶ岳ロープウェイに到着です。この日は金曜日ということもあってか、電車はスカスカで自分の他に老夫婦が何組か乗っていただけでした。




この日のロープウェイは20分間隔で運行されており、片道の料金1000円を払ってさっそく乗車しました。ロープウェイはバスで一緒だった老夫婦や軽装の観光客ばかりで、テント泊装備の自分は若干浮いていました。

坪庭




ロープウェイに乗り込んで7分ほどで山頂駅に到着。目の前は坪庭というエリアで、高山帯の美しい景色が広がっています。

山頂駅には登山届けを提出する箱もありますので、ここで登山届けを提出しました。




北八ヶ岳といえばこのキツツキのオブジェ。思ったより大きかったです。




さっそく最初の目的地である北横岳に向けて登山を開始します。坪庭は溶岩の岩がむき出しになっており、背の高い木もなく、独特で美しい景観が広がっています。

この辺りは軽装の観光客も多く、登山の格好をした人は少なめでした。というか、そもそも人が少なかったですね。




枯れた木がいい味出してます。北八ヶ岳らしい景色。




しばらくすると登山道に入ります。

登山道には所々雪が残っていましたが、トレースがしっかり残って歩きやすくなっており、アイゼンは必要ないレベルでした。

北横岳ヒュッテ




北横岳ヒュッテに到着です。ただ、営業はしていないない様子でした。基本的には通年営業の山小屋ですが、平日や予約の日は営業しないようです。

小屋の入り口には「熊の目撃情報」が掲載されていました。4月22日に亀甲池で熊が目撃されたそうなんですが、八ヶ岳には熊はいないと思っていたので少しビビりました。

北横岳




北横岳ヒュッテを超えれば北横岳の山頂はあっというまです。この日は仲の良さそうな老夫婦が山頂でお昼をとっていました。

平日だからなのか、この日は老夫婦ばかりが目につきましが、こんなのんびりした雰囲気も良いですね。




北横岳山頂から大岳方面へ進みます。

ここからは圧倒的に人がいなくなりました。というか、北横岳~大竹~双子池までの区間は誰ともすれ違いませんでした。

大岳へのルートはまだたくさんの雪が残っていいました。やや急な下りもあり、アイゼンがないとかなり歩きにくいと思います。トレースはほとんどなく、所によっては踏み抜き地獄でした。

大岳




残雪に苦労しながら、なんとか大岳に到着しました。天気もよくて最高です。




これも大岳の山頂から撮った写真。奥には天狗岳が見えます。




大岳を後にして本日の幕営地である双子池に向かいます。相変わらず、道には多くの雪が残っていて歩きにくかったです。




そんな雪の多い登山道でしたが、足元をよく見ると矢印が書かれているのに気づきました。

雪で登山道が分かりにくくなっていたので、先行していた登山者が道に矢印を書いてくれたものだと思われます。こんな親切な方がいるのかと、感動してしまいました。

双子池ヒュッテ




歩きにくい雪に足を取られてしまったこともあり、標準コースタイムをだいぶオーバーして双子池ヒュッテに到着しました。

双子池ヒュッテは6月上旬から営業開始なので、この日は閉鎖中。ただ、ヒュッテの脇とテント場にはトイレが設置されており、池の水を飲料水としても使えるのでテント泊することは可能です。

双子池ヒュッテ

テント:40張(幕営料800円)
水場:あり
トイレ:あり(屋外のトイレはぼっとんでやや汚い)
ホームページ:http://yama-goya.jp/yatsugatake/hutagoike.html

双子池(雄池)




双子池ヒュッテのすぐ隣にある雄池は飲料水として使うことができます。

本当に池の水をそのまま飲めるのか不安もありましたが、保健所の水質検査に合格しているらしく、全く問題はないようです。そして、池の水をそのまま飲めるという場所は日本国内でもとても珍しいそうです。




池の水をそのまま飲んでもみましたが、買ったままずっと使うことのなかったソーヤー・ミニという携帯用浄水器も使ってみました。

特に味が変わるわけでもないのですが、綺麗な水がさらに綺麗になった気がします。正直、使う意味はなかったかもしれませんが、池の水を直接飲むことに何となく抵抗を感じる方は使ってみてもいいかもしれません。


双子池(雌池)




雄池の反対側にあるのが雌池。こちらは岸にテント場があるせいか、やや汚染があるらしく飲料水としては向いていないようですが、煮沸して調理などに使う分には問題ないそうです。




というわけで、さっそく雌池の岸にテントを設営しました。

池の前にテントを張るのは初めてで、なんだかテンションが上がります。この日、テント場にいたのは自分以外に2人。どちらもソロの登山者のようでした。

この日は初日で体も疲れていたこともあり、適当に食事を取って早々に就寝しました。テント泊の時は重い装備に体が慣れていないせいか、初日はすごく疲れるんですよね・・。




2日目





二日目。この日は雨池や白駒池などの池を巡り、黒百合ヒュッテまで向かいます。

朝の6時頃に双子池ヒュッテを出発しました。この日も天気がよく、朝の清々しい空気の中をのんびり歩いていきます。




双子池ヒュッテから雨池に向かう場合、大石川林道を通るのが通常のルートだったらしいのですが、現在大石川林道は落石のために通行止めになっているため、迂回路を通って雨池に向かいます。

迂回路といっても登山道はしっかり整備されており、ピンクテープも点在していますので、まず迷うことはないと思います。

雨池




そして、ここが雨池。

他には誰もおらず、貸し切り状態でした。小鳥のさえずりだけがひたすら聞こえる、本当に穏やかな場所でした。




雨池でのんびりと休憩を取ったあと、今度は麦草峠方面に歩いていきます。朝の木漏れ日の中を誰ともすれ違うことなく歩いていきます。




雨池から麦草峠までのルートは木道が整備されていました。

木道はやや細くて少し歩きにくさも感じました。ただ、雨池の付近などは地面が湿地になっているところもあり、木道がないと歩けたもんではないでしょう。




新緑を見ながらの木道歩き。最高です。

茶水ノ池




ここが茶水ノ池。そんなに大きな池ではないですが、いい雰囲気の漂う池でした。池を横断する木道も素敵です。

麦草ヒュッテ




茶水ノ池の先には普通に道路が通っており、その道路を横断すると麦草ヒュッテがあります。

この辺りは車が普通に入れるので軽装の観光客も来ているようでした。

白駒の奥庭




麦草峠から白駒池まではよく整備されており、歩きやすい道をのんびりと進んでいきます。

そして、途中にあったのがこの白駒の奥庭という場所。すり鉢状になっている木々の中を木道を歩きながら進んでいくのですが、緑の絨毯を歩いているような感覚でした。

まさに天空の庭といった場所で、絶景でした。

白駒池




そして白駒池に到着。標高2000m以上にある湖としては日本一大きいのだとか。

大きさよりも、その済んだ水に心を奪われました。

青苔荘




白駒池の湖畔にあるのが青苔荘。テント泊もできる山小屋です。

青苔荘

テント:60張(幕営料650円)
水場:あり
トイレ:水洗トイレでとても綺麗
ホームページ:http://www.kitayatsu.net/seitaisou




青苔荘でトレイを借りたですが、トレイの入り口には「土足厳禁」の文字が書いてありました。

なんでわざわざ靴を脱がなければいけないのかと思いながら、しぶしぶ靴を脱いで入ったのですが、土足厳禁の理由がわかりました。中はとても綺麗で山の中とは到底思えない清潔さでした。しかも水洗トイレ。いままで入った山小屋のトイレの中で一番綺麗でしたね。




白駒池の周りは散策路が整備されており、コメツガやシラビソなどの木々が広がる原生林は歩いていて癒されます。

白駒湿原




白駒池とにゅうの間のルートには白駒湿原があります、森の中にぽっかりと空いた空間に美しい湿原が広がっていました。




さらに進んでいくとまた残雪がでてきました。アイゼンが必要なレベルではありませんでしたが、溶けた雪のせいでアイスバーンのようになっているところもあり、滑らないように慎重に進む必要がありました。




にゅうの直前はごつごつとした急な岩場。息を切らしながら頑張って登ります。

にゅう




そして、これがにゅうの頂上からみた景色。天狗岳や硫黄岳はもちろん、この日は快晴だったので富士山も見ることができました。




にゅうから黒百合ヒュッテまでの道はほとんど標高差がないものの、この辺りも雪が少し残っていて歩きにくい道でした。

黒百合ヒュッテ




お昼過ぎに黒百合ヒュッテに到着しました。

雪が解けたばかりなのか、テント場の地面はドロドロにぬかるんでいる所もありました。ただ、6~7か所ほどですが、すのこなどの板が設置されている所もあり、そこにテントを張ることができれば快適です。

この日は土曜日なのでテント場が混雑するのかと思いきや、全部で7張でした。やはり5月の八ヶ岳は空いていていいですね。

黒百合ヒュッテ

テント:50張(幕営料1000円)
水場:あり
トイレ:バイオトイレでとても綺麗
ホームページ:http://www.kuroyurihyutte.com/




テント場に昼過ぎに着いたことあり、夜まではのんびりとコーヒーでも飲みながら過ごしていました。

ゆっくり時間が流れるテント泊は贅沢です。

というわけで、前編はここまで。後半は以下のリンクから。






コメント:0

Remember personal info

Home > アウトドア > 八ヶ岳を北から南へ3泊4日でテント泊縦走してきました【前編】

検索
フィード
メタ情報

Return to page top