Home > 音楽映画レビュー > 劇場上映「コールドプレイ LIVE 2012」の感想

劇場上映「コールドプレイ LIVE 2012」の感想

コールドプレイのライブ作品が発売前に劇場で上映されるという事でさっそく、仕事帰りに行ってきました。向かったのは家から近い「TOHOシネマズ 上大岡」。予想通り観客は少なく20~30人程度、上映中はみんな黙って静かに鑑賞といった様子でした。

Coldplay Live 2012 (Official Trailer)





感想


開始スタートからコールドプレイらしいド派手なステージに圧倒されました。注目するべき所はやはり”光るリストバンド”。観客全員に配られたリストバンドが曲に合わせて点灯したり消えたりする仕組みで、リストバンドが一斉に点灯するとスタジアム全体が星くずの海のように輝いて、その眩い美しい光景に圧倒されました。

このライブ作品はライブ映像と、ツアーのドキュメンタリーを織り交ぜた構成になっており、彼らのツアーにかける想いや、観客を楽しませたいという強い想いも伝わってきました。普段はインディーバンドのライブ映像ばかり見ている身なので、このようなライブは悪い意味で派手すぎるし日本のアイドルのコンサートを見てるような気さえしてきますが、これが彼らのスタイルであり、成功を収めたロックバンドとしての一つスタイルなんだなと思います。

作品を見ているとどんどん彼の世界観に引き込まれていくような感覚もあり、後半の「Fix you」あたりではずっとこのまま聞いていたいという気持ちでした。「In My Place」、「Yellow」のように美しい名曲が多いコールドプレイのライブはほんと癒されます。


まとめ


やはり前評判通り素晴らしいライブ作品でした。ドキュメンタリーが含まれていたことによって、コールドプレイのロックバンドとしてのスタイルがより伝わってくる作品になっているほか、他では見られない過剰なまでに美しくカラフルな映像は必見です。

欲を言えばせっかく映画館まで行ったので、もう少し爆音で上映してほしかったですね。


曲目


1. Mylo Xyloto
2. Hurts Like Heaven
3. In My Place
4. Major Minus
5. Yellow
6. God Put a Smile Upon Your Face
7. Princess of China
8. Up in Flames
9. Viva La Vida
10. Charlie Brown
11. Paradise
12. Us Against the World
13. Clocks
14. Fix You
15. Every Teardrop Is a Waterfall

B009H0N7KYライヴ 2012(DVD+CD)
EMI MUSIC JAPAN 2012-11-21

by G-Tools






コメント:0

Remember personal info

Home > 音楽映画レビュー > 劇場上映「コールドプレイ LIVE 2012」の感想

検索
フィード
メタ情報

Return to page top